SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

050で始まる電話番号は迷惑電話?通話料やデメリットなどについて解説

電話番号に登録されていない番号からの着信で
「誰?」となった経験は誰しもがあるのではないでしょうか。

そんな不明の電話番後の中でも、特に異様な怪しさを放っているのが
「050」から始まる電話番号からの着信です。

というのも、050という番号は、フリーダイヤルの「0120」で無ければ、
携帯電話番号の「090」「080」「070」でもなく、
更にいえば市外局番の電話番号でもないからです。

そこで今回は、050から始まる電話番号がどのようなものなのかを解説していきます。

スポンサードリンク

「050」から始まる電話番号の正体

finger
フリーダイヤルでもなく、携帯電話番号でもない事から、
「050」の電話番号を市外局番だと思っている方も少なくはないようです。

しかし、この番号は市外局番ではありません。

この番号は「IP電話」で使われている電話番号です。

通常、一般的に利用されている電話は電話回線というものを用いて通信を行っています。

携帯電話も電波を基地局に飛ばし、
そこから電話回線に乗って通信を行う為、基本的な仕組みは同じです。

一方、IP電話というのは電話回線ではなくインターネット回線を用いて
通信を行う電話となり、正式名称は「インターネットプロトコル電話」です。

聞きなれない言葉ではありますが、
実は気付かずにIP電話を利用しているという人も少なくはありません。

例えば、多くの人が使っているLINEやSkypeにおける
電話機能はIP電話に分類されているものです。

「050」から始まる電話番号は結構利用されている

telephoneあまり聞きなれないIP電話からの着信は怪しいのでは?
と感じる方も少なくはないと思いますが、近年ではIP電話の利用が浸透しつつあり、
大企業や役所でも050の電話番号が多く利用されています。

その最大の理由として挙げられるのは、通話料の安さです。

通常の電話の場合、発信先の距離に応じて通話料金の値段が変わります。

これは一般的な電話の通信が「交換機」をいくつも経由する為です。

この交換機を経由する度に料金を支払う必要がある為、
相手との距離が遠ければ遠い程、
その分交換機を経由する回数も多くなり通話料も高くなります。

一方、巨大なインターネット回線を利用できるIP電話は交換機を何度も経由する事なく、
発信先の一番近くにある交換機に通信を届ける事ができます。

その為、距離に応じた課金が発生せず、その料金は一律となります。

更に発信元・発信先両方がIP電話の場合、
電話回線すら不要となる為、通話料は無料という事になります。

(電話会社が異なるIP電話同士の場合は通話料が発生します)

SkypeやLINE通話が無料である理由もこの為です。

このような理由でIP電話が普及しつつある現代では、
050の番号が必ずしも怪しいという訳ではないのです。

IP電話のデメリットとは

demerit
IP電話は専用の機器の導入とプロパイダ契約で固定電話として
使用する事ができますし、スマートフォンであれば「050Free」といった
アプリをインストールする事で利用する事ができます。

その為、導入のハードルはそこまで高くはありません。

一見怪しい「050」ですが、内容を聞けば結構魅力的な電話番号でもあります。

ただ、インターネット回線を経由するからこその
デメリットも存在していますので導入の際は注意が必要です。

そのデメリットについては以下の通りです。

フリーダイヤル(0120)や緊急電話(110,119)等に発信できない

110
フリーダイヤルとは通信料を発信者ではなく
着信者が全額負担する特別な電話番号の事を言います。

基本的には「0120」ですが「0800」のものもあります。

この電話番号は電話回線も用いた電話向けのサービスであり、
契約上IP電話からの発信を行う事ができません。

次に緊急電話についてですが、これは警察機関の「110」や消防機関の「119」などです。

この番号を扱う場合、義務として電話に発信者の位置情報等を
通知する機能が付いている必要があるのです。

現状、IP電話に位置情報を送信する機能はついていない為、
緊急電話に発信する事ができません。

(最寄の警察署や消防署へ直接電話する事は可能)

インターネット回線の通信状況に影響する

通信状況が影響しパソコンの動作が遅くなったり、
インターネットに繋がりにくくなる事がありますが、
P電話の場合も同様、通信状況の影響で繋がりにくくなる事があります。

電話回線でも同じような事は起こる為、大きなデメリットとは言えませんが、
インターネット回線は時間や場所などの影響を受けやすい為、
通話中の不具合が電話回線と比較して発生しやすい傾向にあります。

接続機器が使えなくなると電話も使えなくなる

IP電話を固定電話として利用する場合、別途「IP電話対応機器」が必要となるが、
これが使えない状態になるとIP電話そのものも使えなくなってしまいます。

例えば停電時が挙げられます。

通常の電話も電源供給できなければ使えないものは多いですが、
ここ最近では災害時の対策としてバッテリーを内蔵した電話機も増えてきています。

その為、もしもの時を考えるのであれば、IP電話をメインとするのはお勧めできません。