SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

Twitterアプリが消えた!年齢制限を解除する方法(17歳未満)

twitter2iPhone版Twitter公式アプリの最新バージョン6.74.2から
17歳以上でないと利用できない年齢制限が設けられました。

これまでも13歳未満の利用は規約にて禁止されていたのですが、
このアップデートでホーム画面上から突如Twitterが消えたり
Twitterが開けなくなるという事象が多発しています。

この新しい年齢制限が導入された背景には過激なツイートや
下品なツイートから子供を守るためというのが主な理由のようですが、
鍵垢であったり一般的な使い方をしていたユーザーからすると非常に困りものです。

そこでここからは年齢制限を解除してこれまで通り
Twitterを利用する方法について解説していまいります。

スポンサードリンク

年齢制限を解除(オフ)して元に戻す方法

実はこの年齢制限はiPhone本体に設定されているものであり、
キャリアの契約時などに保護者が設定しているケースが大半です。

ですからこの制限さえ解除すれば以前のようにTwitterを利用することができます。

具体的な解除方法としては設定の「一般」から「機能制限」を選択し
4桁のパスコードを入力してください。

twitteragelimittwitteragelimit2おそらく端末を利用している当人はパスコードをご存知でないはずですので
保護者の方に頼み込んで教えてもらいましょう。

パスコードの入力が完了したら「App」へと進み
「すべてのAppを許可」をタップしてください。

twitteragelimit3twitteragelimit4これで年齢制限が解除されApp StoreからTwitterの再インストールが可能になります。

原因を知るまではいきなりTwitterが消えたとあたふたとしてしまった方も
少なくないはずですが、この手順で復活を試みていただければと思います。

本記事をご覧いただいた方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク