SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

aillisの使い方!文字入れやぼかし切り取りなどの加工を解説

世界でも有数のメッセージングアプリへ成長した
LINEのカメラ版として普及していたLINE cameraですが、
突如「aillis(アイリス)」へと名称変更したことで話題になりましたね。

aillis
それに伴い中身の機能も大幅に刷新され以前より
スタイリッシュでオシャレな雰囲気に変わりました。

ただ今までLINE cameraに慣れ親しんでいた人達にすると
一瞬操作に戸惑ってしまう点もあるはず…

そこで今回はaillisの基本的な使い方を中心として
要望の多いぼかしや切り取りなどの加工方法を
解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

aillisの基本的な使い方

まずはスキンの選択から

aillisを起動するとまずスキンを選択する画面が表示されます。

aillis2

こちらは個人のお好みでサクッと決めていただいてOKです。
(後ほど設定で変更することが可能です)

スポンサードリンク

カメラ機能を使って撮影してみよう

スキンの選択が終わったら下画像のような
画面へと切り替わります。

aillis3
カメラボタンをタップし早速、撮影機能を
利用してみましょう。

画面左下にある「^」マークをタップすると
隠れメニューを表示させることができます。

aillis4aillis5隠れメニューは左端から、

・カメラロール(ギャラリー)内の画像の表示

・スタンプ

・撮影ボタン

・画面の分割(カット割り)
aillis10・フィルター
aillis8となっています。

フィルター自体は撮影画面を左右にスライドさせることや、
下画像のマークをタップすることで切り替えが可能ですが
実際に見本をみながら決めたい方はこの隠れメニューから
確認することをおすすめします。

(フィルターの切り替え)
aillis6
撮影画面上部にはカメラ機能を閉じる☓マークを除いて
5つの機能が用意されています。

aillis11左から、

・写真のサイズ選択(フル画面か正方形)

・外カメラと内カメラの切り替え

・タイマー撮影

・画面をタップするだけで撮影可能に切り替え

・グリッドや水準器

となっています。

上記で紹介した機能を参考にしてご自身が使い勝手の良い
仕様に変更してみてください。

またaillisはデフォルトで1枚撮影するごとに
編集画面に移動する仕様になっています。

何枚かまとめて撮影した後に編集したい場合は
カメラのマークを右側にスライドさせることで
連続撮影が可能になります。

aillis12

撮影した写真を加工編集してみよう

ではここからは撮影した写真を加工して
ブラッシュアップさせていきましょう。

まず編集画面に移動するとフィルターの選択(Fx)が
表示されていることと思います。

aillis13しかし撮影時にフィルターを選択されている方は
この項目はスルーしていただいて問題ありません。

加工機能は左端から順番に、

・回転や反転機能

・フィルターの選択(Fx)

・ぼかし機能

・フレームの選択

・スタンプ(切り取り、ペイント)

・ペイント

・テキスト

・保存

となっています。

ぼかし機能

aillis14写真にぼかしを掛けて少し雰囲気を出したいときは、
ビネットやサークルを選択してみてください。

写真の切り取り

写真の切り取りを行いたい場合は画面下左から
五番目のスタンプマーク(もしくはハート)内に
切り取り機能があります。

aillis16

選択をタップし希望の切り取りデザインを
選べばこのように編集ができます。

aillis17aillis18
文字入れ

aillisで文字入れをする方法は二通りあります。

手書きで文字を入れたい場合は、筆ペンのマークから
行うことができます。

aillis19ブラシという項目をタップすれば文字の色や
スタイルを変更することができます。
(デフォルトは白色です)

出来上がりはこんな感じになります。

aillis20
手書きではなく体裁の整ったのフォントで文字を
入力したい場合は、T字マークから行いましょう。

aillis21

テキストをタップし文字を入力したら「次へ」
とすすみます。

aillis23
希望のフォントを選択後、色を決めたら
下画像のように文字入れが可能です。

aillis27

aillis25
(文字入れ完成です)
aillis28矢印先のチェックボタンをタップすると
メニューが表示されます。

いかがだったでしょうか?

aillisを使った撮影方法や基本的な加工編集の
解説は以上になります。

Camera360の動画の使い方-2人での撮り方や保存方法について

本記事をご覧いただいた方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク