SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

Androidユーザー視点でiPhoneの使いにくい点まとめ【辛口】

smartphone124
スマートフォンと言えば、おそらく思い浮かぶのは
iPhoneとAndroidではないでしょうか?

他にもWindows、Tizenなどのオペレーティングシステム(OS)を
搭載したスマートフォンは存在していますが、世界的に見ても
iOSとAndroid OSを積んだスマートフォンが圧倒的なシェアを誇っている状態です。

そんな2強のOSで世界的にシェアが大きいのがAndroidです。

スマートフォン=Androidと認識している人も少なくはないでしょう。

一方の日本では、iPhoneのシェアが大きく、
AndroidからiPhoneへの乗り換えたいと考える人もいるはずです。

しかし、AndroidとiPhoneは同じスマートフォンでも
見た目や操作面等、様々な点が異なります。

そこで今回はAndroidユーザーから見た、
iPhoneの使いにくい点をまとめてみました。

スポンサードリンク

iPhoneの使いにくい点まとめ

「戻る」ボタンがない

Androidを利用している人でれば、確実に利用しているであろう「戻る」ボタン。

iPhoneにはこれがありません。(ブラウザ上には存在しているが、時々ない場合もある。)

当たり前すぎて何の事かが分からない人向けに言いますと、
戻るボタンというのはAndroidのホーム画面に、

または物理的なボタンとして存在している、
左方向にUターンしている矢印マークのボタンを指します。

いかなる時でも戻る事ができたボタンの存在は些細な違いに見えて、
実はAndroid、iPhoneのどっちが良いかを大きく左右させる
判断材料といっても過言ではありません。

アプリの数が少ない

appstore2アプリケーションに関してはiPhoneよりも
Androidの方が豊富にリリースされています。

特にスマートフォンを便利にできるアプリは
Androidの方が多く、使い勝手もかなりいいです。

例えば、googleカレンダーと同期してスケジュールなどの
作成を行う事に特化した「aCalendar」

ホーム画面をカスタマイズできる定番のランチャーアプリ
「Nova Launcher」等が挙げられます。

iPhoneではAndroidのように、ユーザーの任意で
細かなカスタマイズが行えるアプリが少ないのです。

マイクロSDが使えない

sdcard2
マイクロSDはスマートフォンの容量確保や写真や動画を
パソコンに移動する時など、何かと使い勝手がいいです。

勿論、iPhoneでも写真や動画をパソコンに移動させる事はできますが、
正直フォルダ構成が複雑で、特定の写真を見つけ出すのが難しいです。
(特定の写真を移動する方法もありますが、操作は少々複雑です。)

一方、マイクロSDであれば、欲しい写真だけをSDカードに移し、
それをパソコンに接続するだけで完結します。

アプリで自動的にデータをマイクロSDに移す事もできるので、
この点はAndroidの方が扱いやすいと言えるでしょう。

フォルダ・ファイル操作の自由度が低い

folder
Androidでは、スマートフォンのフォルダ・ファイルにアクセスし、
移動やコピーといった操作を自由に行う事ができます。

簡単に言ってしまえば、パソコンと同様に自身で
フォルダの構成を自由に変更できるという事です。

これができれば、写真や動画のファイル名も変更でき、
ユーザーの任意でファイルの整理を行う事ができるのです。

iPhoneでは、基本的にユーザーがフォルダやファイルを確認する事ができません。

おサイフケータイが使えない

smartphone131

「iPhoneにはApple Payがあるじゃないか」と思われがちだですが、
実はApple Payとおサイフケータイでは対応している電子マネーの数が違います。

例えば、おサイフケータイでは、nanaco、WAON、楽天Edyなど、
利用者数も多いプリペイドを扱う事ができますが、
iPhoneではこれらのプリペイドには対応できていません。

普段おサイフケータイ機能を利用している人からすれば、
iPhoneのApple Pay機能はまだまだ使いにくいと言わざるを得ないでしょう。

ドロワーがない

ドロワーというのは、簡単に言えば「引き出し」の事です。

Androidでは、ホーム画面とは別にドロワーが存在しており、
インストールしたアプリは全て、そのドロワーに保存され、
その中からホーム画面に表示したいアプリを選択する事ができます。

iPhoneには、このドロワー機能がなく、
インストールしたアプリは全てホーム画面に表示されます。

その為、画面の整理といった面では使いにくいと言えるでしょう。

パターンロックがない

パターンロックはAndroidユーザー御用達の
スマートフォンロック方法といっても過言ではありません。

パスワードロックに比べ、他人からの目視で見破られにくく、
何よりロックの解除が早くて扱いやすいのが特徴です。

iPhoneでも指紋認証や顔認証(FaceID)といった
簡易的にロックを解除できる方法がありますが、
慣れている人は圧倒的にパターンロックの方が使いやすいと言えるでしょう。

App Storeの制限が厳しい

iPhoneでインストールできるアプリはApp Storeに管理されており、
その条件はAndroidと比較してかなり厳しく設定されています。

例えば、AndroidでインストールしたアプリとiPhoneでインストールしたアプリとでは、
使用できる範囲に制限があったり、一部有料にされている場合があります。

これはセキュリティ面を考えたAppleの配慮であり、
単純に言えばiPhoneは安全面が強いのです。

ただ、今まで使っていたまともなアプリですら、iPhoneでは一部有料だったり、
機能が制限されている事もあるので、使い勝手は悪くなります。