SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

iTunesやApp Storeで購入後に返金・返品する方法

appstore2アップル社が提供しているサービスiTunes StoreやApp Storeでは、
同社が提供しているiPhoneやiPad、iPod等の端末から魅力的な
アプリケーションや音楽、更には映画やテレビ番組などのダウンロードができます。

無料のものも非常に多いですが、
その反面、有料で購入する必要があるものも多数存在しています。

その為、「間違ったものを購入してしまった」
「購入したものが望むものではなかった」という
ケースが発生する可能性も考えられるでしょう。

ただ、iTunes StoreやApp Storeは一般的なネットショップと違い、
購入するアイテムは実物ではなく、データです。

その為、どのように返品すればよいか、返金はしてもらえるのか?
と疑問に感じる人も少なくはないはずです。

そこで今回は、iTunes StoreやApp Storeで購入してしまったものを
返品、返金してもらう方法について解説していきます。

スポンサードリンク

返金してもらう際の注意点について

point7
App StoreおよびiTunes Storeでは、基本的にアプリの
不具合などの例外を除き、返金は認められていません。

しかし、購入前にイメージしていたものと違う、
ダウンロードしていた曲を間違ってしまったという場合でも、
Appleから返金を応じてもらう事ができる実例が多く存在しているのが実状です。

但し、上記のような理由でも、App StoreおよびiTunes Storeで
購入したものが必ずしも返金してもらえると断定する事はできません。

あくまでAppleの審査や確認において正当な理由であると
判断された場合にのみ返金が認められますので、その点は注意して下さい。

当たり前ですが、「飽きたから」「辞めたいから」等の理由や、
悪用を目的とした返金要請は認められません。

また、本記事で紹介する返金申請方法は90日以内に
購入した商品に限られますので、その点も注意が必要です。

もし、購入から90日以上経過している商品の返金を希望する場合は、
Appleサポートへの問い合わせが必要となります。

返金を申請する方法について

App StoreおよびiTunes Storeで購入した商品に対し、
返金を申請する場合は下記3つの方法で実施する事ができます。

iPhone・iPadで返金申請をする

まずホーム画面の設定から「iTunes StoreとApp Store」へ移動してください。

appstorerepayment
一番上にApple IDが表示されていますので、それを選択します。

続けて、確認画面が表示されるので、「Apple IDを表示」を選択します。

appstorerepayment2指紋認証および顔認証後にアカウントページが表示されるので
「購入履歴」を選択してください。

過去90日間にダウンロードした商品が全て表示されるのでアプリ一覧から、
返金を請求したいアプリの下に表示されている「請求合計」をタップします。

「ご注文」ページが表示されるので、
その画面上に表示されているアプリの情報を選択します。

アプリ情報のページが開いたら「問題を報告する」をタップします。

Safarが起動するので、「問題を選択して下さい」をタップし、返品の理由を選択、
その下に表示されているテキストボックスには、返品理由の詳細を記載します。

最後に「送信」を選択してください。

なお、「問題を報告する」に関しましてはApple Storeおよび
iTunes Storeで商品を購入した際に届くメールからも実施する事ができます。

PCより返金を申請する

pcPC上の「iTunes」を起動して上部に表示されているタブより「ストア」を選択してください。

続いて右のメニューに表示されている「アカウント」を選択します。

次に「アカウント情報」より、「購入履歴」項目の「すべて見る」を選択すると
過去90日間にダウンロードした商品が全て表示されます。

対象の商品に表示されている「さらに見る」を選択すると
「問題を報告する」が表示されます。

ブラウザが起動するので「問題を選択して下さい」より返品の理由を選択し、
その下のテキストボックスには、返品理由の詳細を記載してください。

Appleの公式サイトより返金を申請する

Appleの公式サイトより「問題を報告する」ページへアクセスして
自身のApple IDにてサインインしてください。

そうすると購入した商品が全て表示されるので
対象の商品に表示されている「問題を報告する」を選択します。

「問題を選択して下さい」より返品の理由を選択し、
その下のテキストボックスには返品理由の詳細を記載し
最後に「送信」を選択してください。

返金申請後について

返金を申請した後、いつ返金されるかはAppleの審査状況によって異なります。
ただ、通常の場合だと申請から5~7営業日程で返金処理が完了します。

完了後は、「返金の確認」というメールと共に、返金処理に関する内容がメールにて送られ、Apple IDに購入分金額が返金されています。