SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

B612で動画を6秒に-Twitterに載せて投稿する方法も

自撮り専用のカメラアプリとしてかゆい所に
手が届く仕様がとっても好評のB612

b612不要なシャッター音が鳴らないようになっていたり、
画面のどの部分をタッチしても撮影が可能だったり
さすがはLINE社が手掛けるだけのことはあります。

そんなB612ですが以前は動画の秒数が3秒までと
選択肢が一択だったのですが、新たに6秒まで
選ぶことが可能になりました。

画面を下から上にスライドさせることで設定が
表示されますので動画撮影時間を6秒のところに
チェックを入れればOKです。

b612douga
b612douga2
時間差にしてわずか3秒ではありますが、なかなかどうして
実際に撮影してみたら結構な差を感じるものです。

スポンサードリンク

今までの3秒がどうしても短いと感じていた方は
設定で切り替えてみてはどうでしょうか。

またB612で撮影した動画はTwitterに載せて
投稿することもできます。

こちらは本記事の執筆中現在、iPhone版のみ対応であり
Android版は未対応とのことですがある方法を用いれば
どちらであっても投稿可能です。

画面を長押しすることで動画の撮影が終了したら
画面右下のマークをタップし動画をカメラロール
(ギャラリー)に保存します。

b612douga3あとはTwitterの公式アプリを起ち上げていただき
ツイートの画面へとすすみます。

下画像の赤枠で囲んだマークをタップすれば
カメラロールにアクセスできますので、そこから
保存した動画を選択すればTwitter上にB612で
撮影した動画を投稿することができます。

b612douga4
文字だけではうまくニュアンスが伝えられない時、
もっとその場の楽しさや面白さを見てもらいたいなんて時に
お試しになってはいかがでしょうか。

以上、B612で動画の秒数を6秒にする方法と
Twitterに載せて投稿する方法の解説でした。

スポンサードリンク