SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

【2018年最新】Facebookで名前を検索するとバレる?足跡機能について

facebookFacebookを利用していて心配になるのが
バレたくない相手に自分の存在がバレてしまうこと。

ページを覗いた足跡が残ってしまう足跡機能があると
気軽に誰かのタイムラインを見に行くことができなくなりますよね。

そこで今回は足跡機能や検索履歴から自分の存在が
相手にバレてしまうのかについてご紹介します。

スポンサードリンク

Facebookに足跡機能はない!

ashiato

Facebookには公式の足跡機能は実装されていません。

もちろん、非公式の足跡機能も存在しないので
他人のタイムラインを覗いてもバレることはありません。

相手にバレてしまうことを心配して覗きに行けなかった人も
これからは気にせず覗きに行ってみてください。

知り合いの名前を検索すると相手にバレる?

足跡機能がなくても別の形で相手に自分の存在が
バレてしまう可能性があるのでは?

心配性な方は次にこんな疑問を思い浮かべることになると思います。

となると、次に気になるのは検索履歴から
相手にバレてしまうのではないかという点です。

誰かの名前を検索して覗きに行ってしまうと
その履歴を参照して相手の「知り合いかも」に
自分が表示されてしまうのではないか?

誰かを検索するとその人の名前が自分の方に表示されるようになるため、
こうした懸念を抱えている人は多いと思います。

ですが、実は検索による表示は自分の方に相手が表示されるだけで
相手の方に自分が表示されることはありません。

なので、検索から相手に自分の存在がバレてしまうこともないのです。

「知り合いかも」への表示を防ぐ方法

smartphone115

足跡や検索履歴から相手に自分の存在がバレることはありません。

相手に自分の存在がバレる原因の大半は「知り合いかも」への表示です。

そのため、表示される原因を突き止めそれを防ぐよう対処すれば
相手に自分の存在がバレる危険性はかなり下がります。

ここからは「知り合いかも」への表示を防ぐ方法についてご紹介します。

自分の検索制限をかける

Facebookにはメアドと電話番号を使ったユーザーの検索機能がありますが、
この検索に引っかからないようにすることで表示を防ぐことができます。

「設定とプライバシー」→「プライバシーセンター」→
「その他のプライバシー設定」「検索と連絡に関する設定」で

fbashiato

fbashiato2

fbashiato3

「メールアドレスを使って私を検索できる人/
電話番号を使って私を検索できる人」を開きます。

ここで「友達の友達」に制限することで自分の友達と友達でない人からは
メアドと電話番号を使って検索されることがなくなります。

友達の友達にもされたくない場合は「友達」に制限することで
自分の友達以外の人から検索されることがなくなります。

検索エンジンへの表示制限をかける

自分のページを検索エンジンの検索結果に
表示させないようにすることで表示を防ぐことができます。

「設定」→「プライバシー」→「私を検索できる人」と進み
「外部検索エンジンから私のタイムラインへのリンク」を開いて
「いいえ」を設定することで検索エンジンに引っかからなくなります。

友達リクエストを制限する

「知り合いかも」の表示欄には友達リクエストの送信ボタンがあるため
友達リクエストを送れる人を制限することで表示を防ぐことができます。

「設定」→「プライバシー」→「私に連絡を取ることができる人」と進み
「私に友達リクエストを送信できる人」を開きます。

ここで「友達の友達」に変更することで自分の友達と
友達でない人からは友達リクエストが届かなくなります。

これである程度、表示される危険性を下げることが可能です。