SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

Facebookでフォローできない人とできる人の違いを解説

facebook多種多様にあるSNSの中でも、Facebookは実名が使われたり等、比較的現実世界に近い傾向にあります。

その特徴もあってか、イベントや仕事で初めて出会った人と名刺交換の如くFacebookの友達申請をしたり、気になる人のFacebookページを見にいってみたりすることも多いのではないでしょうか。

Facebookのプロフィールページには、”フォローする”というボタンがあります。

しかし、人によってはこのボタンが無く、フォローをすることができない人がいます。

本記事では、Facebookにてフォローできる人とできない人の違いを解説していきます。

スポンサードリンク

そもそもFacebookの”フォロー”とは

Facebookのプロフィールページには、”フォローする”というボタンがあります。

そもそも、Facebookにおける”フォロー”とは何でしょうか。

フォローするとどうなるのか

smartphone127
個人のアカウントやお店のページ等をフォローすると、そのページの更新情報が自分のタイムラインに流れるようになります。

フォローした相手が投稿を更新したり、イベントを作成したりしたときに、すぐに気づくことができるのです。

ただし、投稿範囲を”友達のみ”としている投稿については、フォローしただけでは読むことができませんので注意が必要です。

なお、自分のページが誰かにフォローされると、通知が来るようになっています。

つまり、フォローしたことは相手に知られてしまうため、誰かをこっそりフォローをすることはできないようです。

“フォローする”と”友達になる”の違い

これらの違いのポイントとして、フォローは自分のみ、友達は相互フォロー、という点があります。

まずフォローは、自分の好きな相手に対して自由にすることができます。

フォローをするのに、相手の承認は不要です。

一方、Facebookの友達は、友達になりたい相手に友達申請をし、それが承認されないといけません。

友達となると相互フォローのような状態になり、お互いにお互いの投稿がタイムラインに流れるようになります。

なぜフォローできないの?

smartphone105気になるページがあっていざフォローしようとしたとき、”フォローする”ボタンが無い場合があります。

そのページは、なぜフォローできないのでしょう。

その原因は、そのアカウントやページの、フォローに関する設定にあります。

フォローの可否は、Facebookの個々の設定で変えることができます。

通常の個人ページは、何も設定を変えていない場合、フォロー許可の範囲が”友達”となっています。

“友達”であるということは、即ち相手の投稿が自分のタイムラインに流れる、ということであるため、デフォルトではこの設定になっています。

この場合、友達以外からはフォローできないため、”フォローする”ボタンが表示されないということです。

自分のアカウントをフォロー可能に設定する方法

フォローを友達以外も含めた全体から可能にする設定は、アカウント毎にする必要があります。

自分のアカウントをフォロー可能に設定する方法は、以下のとおりです。

①Facebookをアプリまたはwebにて起動する

②設定画面を開く

③設定とプライバシー → 設定 → 公開投稿 の順に選択する

④フォローを許可する人 の項目にて、”公開”を選択する

これで自分のアカウントに対し、友達以外の人からもフォローされることができるようになりました。

スポンサードリンク