SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

紛失したiPhoneを探すGPS追跡アプリの設定や使い方

紛失や落し物の中でも絶対に避けたいものの
代表がスマホ端末

find

電話帳の個人情報は勿論のことカメラロール内の写真や動画、
利用しているアプリを第三者にみられてしまうと
想像すると思わずゾッとしてしまいますよね…

またそこまで大袈裟な話でなくとも家の中で何気に
置いた場所が思い出せなくて困っているという
ケースもあるでしょう。

そこで今回はiPhoneやiPadなどのApple製品となりますが、
それらを紛失した際に位置情報で追跡できるアプリ

『iPhoneを探す(Find iPhone)』

find2

の使い方を解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

紛失したiPhone(iPad)を探す方法

Find iPhoneを利用するためにはまず設定内の
iCloudにサインインしておく必要があります。

find3

サインインにはApple IDが必要ですのでまだ
作成していない方は新規作成を行いましょう。

サインインが完了したら

「iCloudにiPhone(iPad)の位置情報の利用を許可しますか?」

find4

というメッセージが表示されるのでOKを選択します。
これで前準備の完了です。

ここからは紛失を想定した解説です。

先ほど前準備を行った端末を紛失してしまった場合、
友人や家族などにiPhone(iPad)を借りて
Find iPhoneをインストールしましょう。

※パソコンから調べる方法も後述します

インストールしたら前準備で設定したiCloudと
同じアドレスとパスワードでサインインします。

find5

サインインが完了すると下のようにマップと共に
お探しの端末の位置が表示されます。

find6

また画面左上の<マークをタップしお探しの
端末を選択するとマップ下にアクションという
項目が表示されます。

find7
find8

このアクションの中には、

・サウンドを再生
・紛失モード
・iPhoneを消去

find9

の3項目が用意されています。

紛失モードからは遠隔で4桁のパスコードを掛け
中身をチェックさせないようにすることができたり
画面上に届け出て欲しい電話番号を表示させることが可能です。

iPhoneを消去を選択すると遠隔で初期設定することができ、
拾い主にみられてはまずい個人情報等もろもろをすべて削除できます。

ただこの機能を使うと位置情報を辿って紛失したiPhoneを
探すことも不可能になるので最後の手段といえるでしょう。

iCloudを使ってパソコンから探す方法

お使いのスマホを紛失してしまって上記で解説したように
友人や家族に一時的に借りることができない場合は
PCをお持ちであればPC上から探すことも可能です。

まずお使いのブラウザから iCloud へアクセスし
サインインしましょう。

find10

続いてiCloud内のiPhoneを探すをクリックします。

find11

これでアプリ同様、紛失したiPhoneの現在地が
表示されますので紛失モードをオンにして
早急に探しにいきましょう。

iPhone紛失時のGPS機能を用いた探し方の
一連の手順は以上となります。

ただ注意点としてこれらの機能は、

・端末に電源が入っている
・インターネットに接続されている
・位置情報サービスがオンになっている

というのが前提条件になります。

この中で一番厄介なのはやはり充電が切れて
オフになってしまい利用できないことでしょうか。

ですから紛失に気付いた場合は時間との戦いで
少しでも早く行動に移したいものです。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサードリンク