SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

iPhoneが勝手に動くゴーストタッチの原因と対処法(修理代)

ghostiPhoneを放置していたら勝手に動き出してアプリ等を起動し始めるといった
不思議な現象に遭遇したことはありませんか?

まるで幽霊が勝手にiPhoneを操っているかのようなこの現象は
ゴーストタッチと呼ばれ、何人ものユーザーを悩ませてきました。

今回はこのゴーストタッチの原因や対処法についてご紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ゴーストタッチの原因とは?

ゴーストタッチの原因は大きく分けて3つに分類することができます。

①ディスプレイの不具合

②ソフトウェアの不具合

③端末の不具合

ディスプレイの不具合が原因の場合は比較的容易に改善でき、
逆に端末の不具合となると交換や修理が必要になるケースが大半です。

ゴーストタッチの症状が発生した場合はまず改善の容易な
ディスプレイの不具合から疑ってみましょう。

ゴーストタッチの対処法

ここからはゴーストタッチが起きた際の対処法をご紹介します。

手間や時間のかからない対処法から順番に取り上げているので
上から順に試して症状の改善を図ってください。

液晶保護フィルムを剥がし画面を拭く

smartphone106

最初に確認していただきたいのが、液晶保護フィルムとディスプレイの間に
ホコリや気泡が挟まっていないかという点です。

異物がディスプレイに触れた状態になると誤動作を起こす原因になりますので、
まずはフィルムを剥がしてディスプレイを綺麗に掃除しましょう。

フィルムを貼り直す際には異物が挟まらないよう気を付けてください。

iPhoneを強制再起動する

ソフトウェアに問題がある場合はiPhoneを強制的に
再起動すると症状が改善されるケースがあります。

ホームボタンとスリープボタンを同時に長押しすると
iPhoneが強制再起動されるので試してみてください。

iPhoneの温度を下げる

fire

iPhoneを長時間使っていると本体が高温になることがあります。

実はiPhoneが高温になると熱暴走を引き起こし
様々な誤動作を引き起こす原因になります。

ゲームや動画アプリなどで負荷をかけたり充電器に繋いだまま
iPhoneを使用したりすることはもちろん、
直射日光や温度の高い場所での使用も熱暴走の原因です。

iPhoneが高温になってしまったら電源を切り
一定時間使用を控えることで温度を下げましょう。

iOSを最新バージョンにアップデートする

ios

iOSのアップデートでは様々な不具合の改善が行われています。

その為、アップデートせずに放置していると
ゴーストタッチがいつまでも改善されないなんてことも……。

iOSのバージョンを確認し古いバージョンのままであれば
最新バージョンにアップデートするようにしましょう。

充電器を純正品に変える

smartphone107

価格が安いため、純正品でない充電器をお使いの方もいると思います。

Apple製でない充電器を使っているとコネクタなどに不具合が生じ
ゴーストタップを引き起こすことがあります。

もし、充電器を変えてからゴーストタップが発生するようになったのであれば
Apple製の充電器を使うようにしてみてください。

充電器に原因があるか定かでない場合は家族や知人から
純正品の充電器を借りて試してみることをおすすめします。

バッテリーを交換する

iPhoneを長期間使っているとバッテリーが劣化し膨張してしまうことがあります。

バッテリーの膨張が進行するとディスプレイが膨れ上がり
誤動作を引き起こす原因にもなります。

バッテリーの消耗が激しくなったりスマホが熱を持ちやすくなるなど、
他にも様々な不具合が生じるのでバッテリーが膨らみ始めたと感じたら
すぐにAppleサポートに連絡してバッテリーの交換を頼んでください。

iPhoneを初期化する

時間と手間はかかりますが症状の改善に最も有効なのが初期化です。

後述するiPhoneの無償交換とも関わってきますので、他の対処法を試しても
改善が見られない場合は必ずiPhoneの初期化を試すようにしてください。

iPhoneを初期化するとデータがすべて消去されてしまうので
初期化前に必ずバックアップを取っておきましょう。

Appleサポートで交換・修理をしてもらう

applecare

iPhoneを初期化してもゴーストタッチの症状が現れる場合は
Appleサポートに連絡することで保証期間外でも無料で交換をしてもらえます。

ただし、iPhoneを初期化した状態でゴーストタッチの症状が
再現できなければ無償交換の対象にはなりません。

落下による破損やバッテリーの膨張など
その他の原因が関わっている場合も対象外となります。

あくまでiPhone本体の初期不良に原因があることを
証明しなければならないわけです。

初期化をしても症状が改善されなければ
iPhoneの個体番号を控えた上でAppleサポートに連絡しましょう。

iPhoneの個体番号は「設定」→「一般」→「情報」から確認することができます。

また、保証期間内であればこちらも無償で交換してもらうことが可能です。

修理を頼む場合は代金が発生します。

AppleやiPhoneの修理店に頼むことになりますが、
損傷したディスプレイの修理を行うと1万5000円前後かかります。

ゴーストタッチの原因が他の部位にまで及んでいる場合は
さらに修理代金がかかるので一度、見積もりをしてもらうことをおすすめします。

iPhoneのゴーストタッチの原因と対処法は以上になります。

スポンサードリンク