SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

Gmailのフォルダ分けを自動で行う方法【iPhone/Android】

gmailGmailは、無料で利用できるフリーメールサービスでありながら機能性は充実しており、
メールアドレスの取得方法も簡単です。

スマートフォンからもアプリを利用して簡単にメールの確認や送受信が行える為、
企業や個人でも使っている人は多いかと思います。

ただ、スマートフォンからGmailを確認する際、
画面が小さい為に目的のメールを見つけるのに結構苦労する事があります。

通常のメールサービスのようなフォルダ機能もGmailには存在しないので、
メールの振り分けをしたくても、やり方が分からないという人も少なくはないはずです。

そこで今回は、Gmailの「ラベル機能」を活用し、
スマートフォンからGmailのメールを自動で振り分ける
設定方法について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

AndroidでGmailのメールを自動振分する方法

Android版のGmailアプリでは、
ラベルの作成や自動振分の設定を行う事ができません。

その為、一度Webブラウザ上からGmailにログインし、
そこから設定を行う必要があります。

なお、Web上からの設定方法に関しましてはiPhoneも同様です。

※iPhoneではGmailアプリから振分設定可能です。詳細については後述しています。

Webブラウザ上でGmailをデスクトップ表示にする

スマートフォンにてWebブラウザを起動し、Gmailへとアクセスして下さい。

普通にアクセスすると「モバイル」という形で表示されますが、
これではラベル作成ができない為、「デスクトップ」という形の表示に変更します。

まず、左上のメニューアイコン「≡」を選択して下さい。

メニュー画面が開いたら一番下の「Gmailを次のUIで表示」という
項目に「デスクトップ」がありますので、それを選択します。

スマートフォンにてデスクトップ表示したGmailの表示形式を
簡易HTML形式と言います。

もう一つに「標準HTML形式」がありますが、
本記事では簡易HTML形式でのメール振分設定方法を解説しています。

ラベルを作成する

Gmailの表示をデスクトップ表示にできたら、
画面左のサイドメニューにある「ラベルを編集」を選択して下さい。

「新しいラベルを作成」と記載された設定画面が表示されますので、
テキストボックスに指定したいラベル名を入力し「作成」を押して下さい。

すると、画面左サイドメニューの「ラベル」項目に、
指定した名前のラベルが表示されます。

アプリ上ではメニュー画面の「全てのラベル」という項目に表示されます。

メールの振り分け設定を行う

ラベルの作成が完了したら、次はそのラベルにメールを振り分ける設定を行います。

デスクトップ表示された画面の上部にある検索ボックスの
右端あたりに位置する「フィルタを作成」を選択して下さい。

フィルタ作成の条件指定画面が表示され、以下6つの項目から条件を指定できます。

条件を指定したら、条件指定画面の下にある「次のステップ」を選択します。

その後、処理方法が選択できるようになりますので、
「ラベルを付ける」にチェックマークを付け、
その右にある選択ボックスから、先ほど作成したラベル名を選択して下さい。

設定完了後「フィルタを作成」をタップし、設定は完了です。

以降、条件に該当するメールが届いた場合、自動的に作成したラベルが付きます。

Gmailのメニュー画面にある「ラベル」項目から、
指定のラベルがついたメールのみを確認する事ができます。

iPhoneでGmailのメールを自動振分する方法

iPhoneの場合、Android同様の方法でGmailの振り分け設定を行う事ができますが、
Gmailアプリ上からでもラベル作成から振り分け設定を行う事ができます。

その為、ここからはiPhone版Gmailアプリでの
振り分け設定方法について解説していきます。

ラベルを作成する

まず、Gmailアプリを起動し、左上のメニューアイコン「≡」を選択して下さい。

gmailsortfolder
メニュー画面が開いたら「+新規作成」を選択します。

gmailsortfolder2次に「名前を入力して下さい」と表示されたテキストボックスが表示されますので、
そこに指定のラベル名を入力し、画面右上の「完了」を押せばラベル作成は完了です。

メールの振り分け設定を行う

ラベル作成完了後、自動的に作成したラベルの画面へと移動します。

その画面から上部メニューにある歯車アイコンを選択し、設定メニューを開いてください。

設定メニューに「追加」とありますので、
それを選択し、条件設定メニューへと移動します。

「メールを追加」という画面が開くと、
最初は指定できる条件が「From」しかありませんが、
その下の「条件を追加」を選択する事で、条件を増やす事が可能です。

iPhoneのGmailアプリの場合、以下5つの項目から条件を指定できます。

条件を指定したら、設定はそれで完了です。

以降、条件に該当するメールが届いた場合、自動的に作成したラベルが付きます。

Gmailのメニュー画面にある「ラベル」項目から、
指定のラベルがついたメールのみを確認する事ができます。