SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

Googleのログイン履歴の確認や削除方法!不正アクセスの調査にも使えます

googleaccountいまやネットを利用している人の大半が
Googleアカウントを持っている時代。

Gmailはフリーメールの代名詞的存在になりつつありますし、
その他にもGoogleドライブやドキュメントなど
様々なサービスを利用できるためとても便利です。

しかし、その便利さ故に様々な個人情報を蓄積するため
乗っ取りや不正ログインの危険も考えなければいけません。

そこで今回はGoogleのログイン履歴の確認方法と
それを利用した不正アクセス調査についてご紹介します。

Googleのログイン履歴の確認方法

Googleのトップページ右上のアイコンをクリックします。

gloginhistory

「Googleアカウント」を選択してアカウント管理画面を表示し
「端末のアクティビティとセキュリティイベント」を選択。

gloginhistory2

gloginhistory3

「最近使用した端末」の欄にアカウントにログインした端末の一覧が表示されます。

gloginhistory4

詳細を確認したい場合は「デバイスを確認する」をクリック。

ログインした端末をクリックすると使用したブラウザや
ログインした位置情報、端末の機種情報などが表示されます。

スマホやタブレット、PCなどいろいろな端末からGoogleを利用している方は
いつどこでどの端末でログインしたかこの画面から確認することが可能です。

ログイン履歴の削除方法

実はログイン履歴をこちらから削除することはできません。

ログイン履歴は過去28日間の履歴しか残らないため
削除するには1ヶ月ほど待つ必要があります。

もし、アカウントを他の誰かと共用で使っていてログイン履歴を
残したくないという人は削除できないという点に注意してください。

ただ、ログイン履歴が削除できない理由はちゃんとあります。

なぜなら、それが不正ログインや乗っ取りの調査に使えるからです。

ログイン履歴に覚えのない端末が表示されていたら危険!

ログイン履歴にはログインした端末情報や
位置情報、時間などが詳しく表示されます。

自分がいつどこでどの端末でログインしたかを
正確に覚えていることは難しいですが、
確実にこれは自分ではないと判断することは簡単なはずです。

例えば、所持していないタブレットからのログイン履歴が残っていたり、
自分が住んでいる場所から遠く離れた場所でのログインが確認できたり

こうした見に覚えのない履歴が残っている時点で
それが不正ログインの可能性は格段に高まります。

ログイン履歴を削除することはできないためたとえ、
不正ログインの被害に遭っても28日以内であれば確認することができます。

今まで利用したことのない端末からのアクセスがあった場合には
通知も届きますし、Google側も個人情報を守るために
不正ログインの対策を練っています。

通知に気づかない場合もあるかもしれないので定期的にログイン履歴を
チェックして不正ログインがないかどうかしっかり確認しておきましょう。