SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

Google マップの「自転車ルート検索」の使い方!できない時の対処法も

googlemapGoogleマップはカーナビとしてだけでなく
徒歩で移動する際のナビとしても重宝する優れもの。

旅行の際には徒歩移動することも多くなりますので、
時間のロスなく観光地巡りをしたい際には欠かせない存在です。

そんなGoogleマップですがもちろん、
自転車での移動の際にもバッチリ活用することができます。

今回はGoogleマップの自転車ルートの検索方法についてご紹介します。

自転車ルート検索は利用できない?

bicycle

Googleマップでのルート検索を行うと自転車アイコンが一覧に表示されます。

しかし、日本では自転車専用道路の整備が進んでいないため
自転車ルートの検索を利用することはできません。

自転車専用道路の整備が進んでいる海外では利用できる国もあるようですが、
日本ではまだ自転車専用のルートを提示することができないのです。

そのため、サイクリングに出かける際に自転車ルートを検索しようとして
アイコンが暗くなっていることに首を傾げる人も多いです。

自転車専用道路の整備が進めばいずれ使えるようになる可能性はありますが、
現時点では代替として歩行者用のルート検索を活用しましょう。

歩行者ルート検索を自転車ルートとして活用する

自転車での移動の際に使うルートはほとんど歩行者ルートと変わりありません。

そのため、歩行者ルートを自転車ルートとして代替することができます。

Googleマップで目的地を表示したら「経路」をタップして
歩行者アイコンを選択してください。

googlemap2

利用したいルートを選択して「開始」をタップすればルート案内が開始されます。

自転車を運転しながらマップを確認したり
イヤホンを付けて音声案内を聞くと事故の原因になりますから、
くれぐれも利用する際には一時停止して画面を確認するようにしてください。

自転車での所要時間の計算方法

clock4

歩行者ルートを自転車ルートとして代替することが可能と説明しましたが、
これでは到着までの所要時間が正確に表示されません。

表示される所要時間はあくまで徒歩での時間になりますので
自転車で移動する際にはもっと早く到着することになります。

Googleマップの徒歩での所要時間は約時速5kmで計算されています。

自転車移動の平均時速は約15kmと言われていますので
自転車での所要時間を計算したい場合は表示されている時間に
約3分の1をかければいいことになります。

もちろん、急いでいるのかゆったり行くのかで時間は変わりますから
あくまで参考程度の目安として考えてください。

スポンサードリンク