SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

HeyWireとは|使い方(LINEの認証)や危険性について解説

LINEの新規登録にほぼ必須となってくるのが電話番号。

サブ垢が欲しい時や個人情報を入力したくない時に
一番の壁として立ち塞がるのがこの電話番号です。

今回はそんな電話番号を手軽に取得できるアプリ
「HeyWire」の使い方とその危険性について解説します。

HeyWireとは

heywire

HeyWireは適当な情報を入力するだけで
アメリカの電話番号を発行・取得できるアプリです。

LINEのように電話番号を使ったSMS認証を求めてくるアプリに対して
HeyWireを使い新規登録するという手法が以前に流行りました。

LINE以外にも電話番号入力を必須とするサイト登録にもよく利用され、
アカウント作成を手助けしてくれるアプリです。

HeyWireはLINEでは使えない!

以前まではHeyWireを使ってLINEのアカウントを作成できたのですが、
残念ながら現在は利用することができません。

正確に言うとHeyWireがLINEに対応していないのではなく
LINEが架空の電話番号での認証を禁止しているのです。

そのため、他の電話番号発行アプリを使っても
LINEの認証を通ることはできません。

LINE側としてはアカウントの正当性を保つために電話番号認証を設けているため、
このような抜け道を許しておくわけにはいかなかったようですね。

電話番号認証をしたくなければFacebookで登録する

電話番号認証をしないでLINEアカウントを作成したい方は
Facebookでログインすることで新規作成することができます。

LINEを起動し「新規登録」をタップします。

heywire2

「Facebookでログイン」をタップするとFacebookのログイン画面が
表示されるのでログイン情報を入力し「ログイン」をタップ。

heywire3

次に年齢確認を済ませます。

あとでも可能なので面倒な方は「年齢確認をしない」をタップ。

電話番号の登録を求められますが一旦「登録する」をタップ後
「キャンセル」をタップすることでスキップできます。

電話番号の代わりにメアドの登録を求められるので
こちらは正しいメアドを入力しましょう。

メアドの登録が済んだら認証番号を記載したメールが届くので
LINEに正確な認証番号を入力すればアカウント作成完了です。

若干面倒ですが電話番号の登録なしで
アカウントを作れるのでぜひ試してみてください。

HeyWireの使い方

LINE以外の他サイトでHeyWireを利用したい方向けに
使い方をご紹介いたします。

まずはアプリストアからHeyWireをインストールし起動します。

セットアップ画面が開いたら氏名、性別、誕生日などを適当に入力します。

きちんと入力しなければならないのは国、郵便番号、メアドの3点。

国はUNITED STATESを選択。

郵便番号はアメリカのものを入力しましょう。

こちらのサイトにアメリカの代表的な郵便番号が
紹介されているので参考にしてください。

入力が済んだら「続ける」をタップ。

これでアメリカの電話番号が発行されます。

あとはこの電話番号をメモして認証に利用するだけです。

スポンサードリンク