SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

LINEで送ったメッセージを相手側でも完全に削除する方法

line以前まではLINEで送信したメッセージは自分のトークから消すことは可能だったものの、
相手のトークから削除することはできませんでした。

しかし、2017年12月に追加された送信取消機能によって
とうとう相手のトークからも削除することが可能になりました。

複数のトークを扱っているとどうしても誤爆のリスクは避けられないため
この送信取消機能は誰もが待ち望んでいた機能と言えます。

今回はLINEで送ったメッセージを削除する方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

送信取消機能の使い方

では、さっそく送信取消機能の使い方を見ていきましょう。

送信取消をするにはまず削除したいメッセージを長押しします。
(PC版の場合は右クリック)

すると操作メニューが表示されるので「送信取消」をタップします。

cancelmessage

 

cancelmessage2

これであなたが送信したメッセージは相手の画面からも削除されます。

メッセージ以外のものを削除したい場合にも同様の手順で送信取消が行なえますので、
誤爆や後々見返してやっぱり消したいと思ったものに使ってください。

送信取消機能の注意点

これまでは一度送信したら取り消せないから、
かなり慎重にLINEを使っていた人もこれで安心!……と、
言いたいところなのですが、実はこの機能、それほど万能ではありません。

ここからは送信取消を使う上で確実に抑えておきたい注意点についてご紹介します。

メッセージ削除の履歴は残ってしまう

送信取消を行うと送信したメッセージは相手の画面からちゃんと消えますが、
代わりに削除したことを知らせる履歴が残ってしまいます。

つまり、あなたが削除したこと自体は
相手に知られてしまうことになるのです。

既読が付く前に削除すれば内容自体を知られることはありませんが、
履歴が残っていれば相手も不審に思うはずです。

もしかしたら、「さっき消したメッセージ何だったの?」と
聞かれてしまうこともあるかもしれません。

そこは相手に応じてどうにかごまかせば済むことではありますが、
削除履歴が残ることを知らずにこんなことを言われたら
「なんで削除したのがバレてるんだ!?」と驚いてしまいますよね。

削除履歴自体も消去できればそれが一番なのですが、
残念ながら履歴を消すことはできないのです……。

誤爆を読まれるよりはマシと思ってなぜ削除したのか聞かれた場合の
言い訳をあらかじめ用意した上で利用してください。

LINEのバージョンが古いと削除できない

smartphone114

送信取消機能はアプリ版LINEのバージョン7.12.1以降で使えます。

そのため、古いバージョンのアプリを使っていると
削除対象をロングタップしても「送信取消」の項目が出てきません。

そして、このバージョンの問題の一番やっかいなのが、
相手のバージョンが古い場合でも送信取消が使えないというところ。

「送信取消」を押すとポップアップするダイアログにも
相手のLINEバージョンが古いと使えないことがあると書いてあり、
せっかく送信取消を使っても相手の画面に残ったままになってしまうことも……。

こればっかりはこちらからどうすることもできないので
仕方ないと諦めるほかありません。

とはいえ、普段からLINEを利用している人であれば
古いバージョンをそのまま使っているケースは少ないはずです。

送信取消が正常に完了している場合でも削除履歴は残りますから
いずれにせよ相手から何らかの反応は返ってくるでしょう。

その反応を見てちゃんと削除されていたかどうかを判断すると良いでしょう。

相手の通知設定によっては通知にメッセージが残ってしまう

LINEのポップアップ通知は既読をつけずに
内容を見る方法として広く知れ渡っています。

LINEをすぐには開かず通知で内容を確認してから
対応を考えるという人も多いです。

実はトーク内のメッセージを削除しても
通知には内容が残ってしまうケースがあります。

iPhone版では通知も同様に削除されるのですが
Android版では送信取消しても内容が残ってしまうようです。

そのため、相手の使っている端末やポップアップ通知の設定状況によって
送信取消したメッセージ内容を確認されてしまうことも……。

こうした通知の問題についてもこちらからできる対策はありません。

送信取消機能があるとはいえ気を抜かずに
日頃から誤送信に気をつけておくようにしましょう。

スポンサードリンク

     

スポンサードリンク