SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

インスタの動画を音無し・無音で投稿する一番簡単な方法

Instagramインスタに投稿されている動画を再生した時に
「この動画には音声はありません」と表示されることがあります。

実際、再生してみると無音のまま動画が再生されますが、
これは一体どのようにして投稿しているのでしょう?

元々の動画そのものが無音なんだと思いこんでいる人が多いですが実は違います。

今回はインスタに動画を無音の状態で投稿する方法をご紹介します。

スポンサードリンク

インスタの動画を音無し・無音で投稿する方法

インスタの動画を無音で投稿するのは非常に簡単です。

まず、アプリのホーム画面の下にある「+」マークをタップします。

instavideosilence

次に「ライブラリ」から投稿する動画を選択するか
「動画」から投稿する動画の撮影に移ります。

instavideosilence2

投稿する動画が決定したら「次へ」をタップします。

動画の編集画面に移ったら画面上部にある
スピーカーマークをタップしてください。

instavideosilence3

スピーカーマークが青色になったら動画音声がオフに切り替わります。

マーク自体がミュートを表しているように見えるので紛らわしいですが、
タップするとマークが青色になると同時に「動画音声オフ」という
表示がされるので、こちらを目安にしてください。

その他の編集が終わったら「次へ」をタップしキャプション入力や
シェア先を選択したら「シェア」をタップ。

これでインスタに動画が無音で投稿されます。

ワンタップで動画を無音にできるのでとっても分かりやすくて簡単ですね。

無音の動画を投稿したい時はこちらの設定を活用してみてください。

なお、一度無音で投稿した動画は動画音声を後からオンにすることができません。

もし、動画音声をオンの状態で投稿したくなったら
再度アップし直す必要があるので注意してください。

スポンサードリンク

動画を無音で投稿する意味は?

think

今回は動画を無音で投稿する方法をご紹介したわけなのですが、
そもそも動画を無音で投稿する意味って何でしょう?

普通に動画を投稿するのであればあまり必要のない機能のように思えますよね。

動画を無音で投稿する理由の一つとしては騒がしい場所で
撮影した動画を投稿するケースが挙げられます。

例えば、クラブやカラオケなど室内で大音量が流れる場所や
滝の近くのように轟音が響く観光スポットで撮影した動画は
音量が大きすぎて動画のクオリティに影響を与えてしまう恐れがあります。

音声自体に意味があるのであれば仕方ありませんが、
例えば、滝の美しさだけを伝えたい動画であれば
無音で投稿したほうが他の人は見やすいでしょう。

動画の無音投稿の理由としてもう一つ考えられるのが著作権の問題です。

音楽が動画内で流れていると著作権侵害の関係から
投稿動画が削除されてしまう可能性があります。

その場合は動画を無音で投稿することによって
著作権侵害のリスクを回避するという使い方ができますね。

このように動画を無音で投稿するメリットはいくつかあるので
こうしたケースに遭遇した場合は上記の方法で
動画を手軽に無音投稿してみてください。

スポンサードリンク