SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

iPhoneアプリの自動アップデートを解除し更新をオフにする方法

smartphone98

iOS7から実装された自動アップデート機能は大変便利なものです。

以前まではアプリのアップデートのお知らせがあると
手動で更新しなければなりませんでしたが、
現在ではiPhoneが自動でアップデートを行ってくれます。

スポンサードリンク

しかし通信量やアップデートに伴う仕様変更に敏感な方は、
勝手にアップデートされるのが迷惑だという方もいらっしゃると思います。

そこで今回は自動アップデートの解除方法と
通信量を気にせずに済む自動アップデートの
2つについてご紹介してまいります。

スポンサードリンク

アプリの自動アップデートの解除方法

iPhoneの設定を開いたら「iTunes StoreとApp Store」を選択し
アップデートの項目をオフにしてくだい。

updatingappliupdatingappli2

これで勝手に自動アップデートが行われることはありません。

アプリを手動でアップデートする方法

自動アップデートを解除すると
手動でアップデートを行わければなりません。

手動アップデートを行うにはまず「App Store」を開いてください。

updatingappli3

続いて画面右下の「アップデート」をタップすると
保留中のアップデートの一覧が表示されます。

updatingappli4updatingappli5

一括でアップデートしたい時は右上の
「すべてをアップデート」をタップしてください。

個別にアップデートしたい時はアップデートしたいアプリの横に
表示されている「アップデート」をタップしてください。

これで手動アップデートの完了です。

Wi-Fi環境下でのみ自動アップデート

モバイルデータ通信がオンになっていると
3GやLTEの時にも自動アップデートされます。

しかしモバイルデータ通信をオフにするとiPhoneが
Wi-Fiを利用している時しか自動アップデートされません。

※自動アップデートを解除していないことが前提です

もしも通信量節約のためにWi-Fiをよく利用するのであれば
モバイルデータ通信をオフにしておきましょう。

モバイルデータ通信をオフにするにはまず設定を開いてください。

次に「iTunes StoreとApp Store」を選択して
「モバイルデータ通信」をオフにするようにしましょう。

updatingappliupdatingappli6

これでモバイルデータ通信を使用したアップデートがオフになり、
Wi-Fiに繋いでいない限り自動アップデートされることはありません。

自動アップデート自体をオフにしていると
どうしても手動アップデートの手間が面倒になってきます。

通信量を気にする方はこちらの方法をお試しいただき、
定期的にWi-Fiに繋いで自動アップデートする方法がおすすめです。

自宅で無線LANを利用している方や外出先で
Wi-Fiをよく使う方の参考になれば幸いです。

iPhoneアプリの自動アップデートをオフにする方法は以上になります。

スポンサードリンク