SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

iPhoneでアプリ内課金ができない原因や対処法

appstore2
iPhoneでは様々なアプリを楽しむことができ、ゲームアプリも多く存在します。

ゲームを進めていく中で、課金はゲームクリアやレベルアップの大きなカギになるのではないでしょうか。

いざ、iPhoneでアプリ内課金をしよう!としているのにうまくいかない・・・課金ができない!ということになってしまっては、せっかくゲームを楽しんでいるところなのに、それがストレスにも繋がり兼ねません。

本記事では、iPhoneでのアプリ内課金ができない場合の原因と対処法をご紹介します。

スポンサードリンク

iPhoneでアプリ内課金ができない原因や対処法

原因①支払い方法の設定

支払い方法の設定に誤りや不具合があるために、アプリ内課金ができない可能性があります。
それぞれの支払い方法について、設定を確認してみましょう。

iTunesカード

コンビニや家電量販店で扱われているiTunesカードを使用して、iPhoneでアプリ内課金をすることができます。
iTunesカードはプリペイドカードとなっており、カードの情報を読み込むことでお金を使えます。

iTunesカードを使用して課金に失敗した場合、まずはiTunesカードの残高を確認してみましょう。
単純に残高不足のために、課金ができない可能性があります。

それでも課金に失敗する場合は、iTunesカードの情報が正しく認識されていない可能性が考えられます。
コードの入力に誤りがあったり、電波状況が悪くてアクセスがうまくいかなかったりすることで、使用しているiTunesカードの情報が正しく認識されず、アプリ内課金ができない状況となることがあります。
そういった場合は、再読込をしたり、電波の良いところでアプリ内課金をしたりしてみてはいかがでしょうか。

クレジットカード

支払い方法をクレジットカードにしている場合で、アプリ内課金に失敗する原因としては、クレジットカード自体の問題が考えられます。

カードの限度額を超えた状態で利用していたり、カードが停止していたり等、何らかの原因でクレジットカードが使えなくなってしまった可能性があります。
登録しているクレジットカードの状態を、改めて確認してみましょう。

原因②短期間で多額の課金をしている

Appleでは詐欺等に備えて、短期間での多額の課金があると課金が停止されることがあります。
短期間、というのがどれくらいの長さを指すのかは明らかにされていないようですが、多額の課金を行うと、「購入を完了できませんでした。詳細についてはiTunesサポートへご連絡ください」というメッセージが出て、課金ができなくなります。

このメッセージが出て課金ができない場合は、iTunesサポートに連絡をして、課金をできるようにするための手続きをしてもらいましょう。

原因③機能制限で課金が制限されている

iPhone自体の設定によって、課金が制限されているとアプリ内課金ができません。
お子さんの不要な課金の防止等に備えて、iPhoneではアプリ課金を制限する設定があります。

まずは、自分のiPhoneの設定を確認してみましょう。
確認のやり方は下記のとおりです。

設定を開く

スクリーンタイムをタップ

コンテンツとプライバシーの制限をタップし、パスコードを入力する

iTunesおよびAppStoreでの購入をタップ

この画面に、”App内の課金”という項目があります。
ここが”許可しない”となっていると、アプリ内課金ができませんので、”許可”に変更しましょう。

スポンサードリンク