SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

iPhoneで子供の居場所を探す位置情報サービス(アプリ)について解説

最近では子供にスマホを持たせる家庭も増えていますが
その大きな理由の一つとして防犯対策があります。

スマホを通して子供の現在地を調べられるサービスが
昔と比べて随分と普及しましたし、とりわけiPhoneには
初めからそういった位置情報サービスが存在します。

今回はiPhoneで使える位置情報サービスと
便利なアプリについてご紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

友達を探す機能で子供の現在地を確認

友だちを探す機能はiPhoneに搭載されている位置情報サービスです。

子供のiPhoneを登録しておけば子供の居場所をいつでも確認することができます。

GPSの使えない地下や屋内にいると若干精度は落ちてしまいますが、
余程のことがない限り現在地を割り出せないということはありません。

小さな子供にiPhoneを持たせる時はぜひ利用しておきたいサービスです。

設定方法

友達を探す機能で子供のiPhoneの位置を知るには
子供のiPhoneでいくつか設定をしておく必要があります。

まず「設定」→「iCloud」と進み「iPhoneを探す」をオンにします。

iphonechildiphonechild2

次に「設定」→「プライバシー」と進み
「位置情報サービス」をオンにしてください。

iphonechild3iphonechild4

この2つの設定がオンになっていないと「友達を探す」で
子供のiPhoneの位置を探知することができません。

位置情報サービスに機能制限をかける

もし子供が設定を勝手に変更する心配があれば
機能制限をかけておくことをオススメします。

「設定」→「一般」→「機能制限」と進み
機能制限用のパスコードを設定します。

iphoneippaniphonechild14このパスコードは機能制限のみに利用するパスコードですので
ロック解除用のパスコードとは別のものを設定してください。

また、このパスコードを子供に知られないように気をつけてください。

パスコードの設定が終わったら画面をスクロールして
プライバシーカテゴリの「位置情報サービス」をタップしてください。

iphonechild5

ここで「変更を許可しない」にチェックを入れておくと
子供が勝手に位置情報サービスをオフにすることができなくなります。

iphonechild6

これで子供が勝手に設定を変更して
現在位置を把握できなくなる心配はなくなります。

子供のiPhoneを友達に追加する

「友達を探す」で現在地を追跡するには
子供のiPhoneを友達に追加しなければなりません。

友達に追加するには子供のiPhoneが連絡先に登録されている必要がありますが、
こちらは既に登録済みである場合が多いと思います。

友達を探すを起動したらApple IDとパスワードを入力しログインしてください。

tomodachi

次に右上の「追加」をタップして宛先に子供のメアドや電話番号、
連絡先の登録名を入力すると子供のiPhoneが候補として表示されます。

iphonechild7iphonechild8

表示された候補をタップして右上の「完了」をタップすると
子供のiPhoneにあなたからの共有リクエストが送信されます。

子供のiPhoneで「友達を探す」を起動して
共有リクエストの「承認」を選択すれば登録完了です。

「友達を探す」で子供の現在位置を調べる

これで子供の現在位置を調べる準備が完了しました。

「友達を探す」の地図画面の下に登録した相手のリストが表示されます。

正常に登録ができていればそこに子供の名前があるはずです。

リストをタップすると地図上に子供の現在地が表示されます。

子供が場所を移動した時の通知設定

子供の現在地を確認したらそこから移動した際に
自分に通知するよう設定することも可能です。

子供の現在地の表示画面で「自分に通知」をタップし
「出発時」にチェックを入れてください。

すると子供が現在位置から移動を開始した時点で
あなたのiPhoneに通知が送られます。

無料アプリのLife360

App Storeで無料でダウンロードできるアプリ
「Life360」も子供の居場所確認に便利です。

身の危険を感じた時に自分の居場所を知らせる緊急通知機能や
自宅や塾など決まった場所に相手が到着すると通知してくれる
通知エリア機能など子供の身を守る機能が充実しています。

アカウントの作成

まずはApp Storeから「Life360」をインストールしましょう。

Life360-子供の見守り、家族と位置情報共有アプリ

Life360-子供の見守り、家族と位置情報共有アプリ
開発元:Life360 無料

インストールが終わったら起動してアカウントの作成を行います。

アカウントの作成には電話番号とパスワードの設定が必要です。

必要な情報を入力したあと「新規登録」をタップすればアカウントの登録は完了です。

位置情報を共有するサークルを作成する

アカウントの作成が済んだら次に位置情報を共有するサークルを作成します。

画面下の「サークルを作成したいです」→
「新しいメンバーを招待する」をタップしてください。

iphonechild9iphonechild10

サークルの作成が終わると招待コードが表示されます。

今度は子供のiPhoneでLife360のインストールと起動を行い
アカウントを作成してください。

招待コードの入力フォームに先程作成したサークルの
招待コードを入力すると子供がサークルに登録されます。

自宅を通知エリアに設定する

サークルの登録が終わったら地図画面に移行しましょう。

自宅にいるのであればここで自宅の登録をしておきましょう。

地図画面から下にスクロールし「ホームを追加」で登録できます。

iphonechild11

ここで自宅を通知エリアに設定しておくと
子供が自宅へ着いた時に通知が送られてくるようになります。

通知エリアの追加はメニューからも可能なので
学校や塾など自宅以外の場所も登録しておくと
無事に目的地に着いたことが通知されて安心できますね。

緊急通知機能で現在位置をすぐさま送信できる

地図画面ではサークルメンバーの位置がリアルタイムで確認できます。

しかしアプリを起動していないと誰がどこにいるのかを
その都度確認することができません。

安全対策を考えるのであれば子供に緊急通知のボタンについて教えておきましょう。

メニュー内の「緊急通知」にあるビックリマークをタップすると
サークルに所属している人達に緊急ボタンを押した
子供の位置情報が即座に通知されるようになっています。

iphonechild12iphonechild13

子供の身に危険が及んでいることとその居場所が
同時に通知されるのですぐに探しに行くことができます。

Life360を子供の現在位置追跡に利用する時は
ぜひとも教えておいていただきたい機能です。

子供のiPhoneに機能制限(課金・閲覧)や時間制限を設定する方法

iPhoneで子供の居場所を探す方法は以上になります。

スポンサードリンク