SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

iPhoneから非通知で電話をかける方法を詳しく解説

smartphone100

見ず知らずの電話相手が対象となることが多いのですが、
自分の電話番号を知られたくないケースってありますよね。

非通知設定を使えば相手に番号を通知せずに電話することが可能ですが、
非通知設定の方法をご存知でない方もいらっしゃると思います。

そこで今回はiPhoneから非通知で電話をかける方法を解説してまいります。

スポンサードリンク

非通知で電話をかける方法

番号の先頭に184

最も有名な方法としては相手の電話番号の先頭に
数字の「184」をつけるという方法があります。

080から始まる電話番号を例として取り上げると

「184080XXXXXXXX」

と番号をプッシュするだけで非通知で電話をかけることができます。

そこまで頻繁に非通知設定を利用しない方は
都度「184」をつけて非通知にすると良いでしょう。

スポンサードリンク

特定の相手に毎回非通知でかける方法

毎回、特定の相手に非通知で電話をかける必要があるなら
電話帳の電話番号にあらかじめ「184」をつけておくのがおすすめです。

やり方は普通に電話番号を編集するときと同じです。

連絡先を開いて非通知にしたい相手をタップして「編集」を選択しましょう。

hitsuuchihitsuuchi2

あとは電話番号をタップして、番号の先頭に「184」をつければ
今後、相手に電話をかける際には常に非通知の状態になります。

いつも非通知でかける相手がいる方はぜひ試してみてください。

全ての通話を非通知でかける方法

誰に対しても非通知でかけたいという場合は
発信者番号通知をオフにすることで
常に非通知で電話をかけることができます。

ただしauのiPhoneには発信者番号通知の設定が存在しないため、
この方法を使うことはできません。

auのiPhoneをお使いの方は「184」を使って非通知設定を行いましょう。

docomoとSoftbankのiPhoneをお使いの方は設定から
「電話」をタップし「発信者番号通知」をオフにしてください。

hitsuuchi3hitsuuchi4hitsuuchi5

これですべての電話を非通知でかけることができます。

通知ありの状態に戻したいときは「発信者番号通知」を
緑色のオンに戻すようにしてください。

186を用いた応用編

「184」が電話番号を非通知にするのとは逆に、
「186」をつけることで相手に必ず電話番号を通知することができます。

通常の設定であれば電話番号が通知されるため
ほとんど使う機会のない「186」ですが、
発信者番号通知をオフにしているときには非常に役に立ちます。

iPhoneの発信者番号通知をいちいちオンオフ切り替えるのが面倒な方は
設定をオフにしたままこの「186」を使うと相手に番号を通知できます。

通知・非通知のどちらで電話をかけることが多いのかによって
発信者番号通知のオン・オフや「184」「186」をうまく使い分けてみてください。

iPhoneで電話中の通話を録音する方法(無料アプリ・ICレコーダー)

iPhoneから非通知で電話をかける方法は以上になります。

スポンサードリンク