SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

iPhoneのホームボタンが反応しない(効かない)硬い時の対処法

smartphone97

指紋認証やホーム画面の表示などiPhoneの利用に欠かせない
「ホームボタン」

しかし、利用頻度が高いだけに長く使っていると
どうしても反応が悪くなったり硬くなってしまうことがあります。

スポンサードリンク

今回はiPhoneのホームボタンが反応しなくてお困りの方のために、
すぐに取り入れられる対処法をご紹介します。

スポンサードリンク

ホームボタンが反応しない時の対処法

まずは少しの手間でホームボタンが動くようになる
応急処置についてご紹介します。

端末の再起動

ホームボタンが動かなくなる原因はボタン自体にあるとは限りません。

ホームボタンだけでなく画面へのタッチにも反応がない場合は
起動しているアプリのせいでフリーズしている可能性があります。

その際には電源を一度落とし再起動してみましょう。

再起動すると通常通りホームボタンが動く場合があります。

キャリブレートを試す

ソフトウェアに原因がある場合はキャリブレーションを
試すことで改善されることがあります。

キャリブレーションをするにはまずiOSに標準搭載されている
時計などのアプリを起動し電源ボタンを長押しします。

homebuttonerror

「スライドして電源をオフ」が表示されたら
ホームボタンを長押ししてください。

homebuttonerror2

するとアプリが強制終了されホームボタンが
動くようになる場合があります。

充電器を差し込む

充電器を差し、iPhoneの奥へと押し込みながらホームボタンを
何度も押すとホームボタンの不調が改善されるケースもあります。

充電器の圧力によってホームボタン内部の異常が調整されるためです。

あまり力を込めすぎると逆に内部を壊してしまう恐れもあるので
くれぐれも力加減には注意してください。

Assistive Touchの使用

どの方法を試してもホームボタンの反応が悪いというときには
「Assistive Touch」を使って仮想ホームボタンを表示しましょう。

Assistive Touchを使うにはまずiPhoneの設定を開いてください。

次に「一般」を選択し「アクセシビリティ」に進みます。

表示されている「Assistive Touch」をオンにすれば
画面上にボタンが表示され、ホームボタンの代用ができます。

homebuttonerror3

ボタンの位置は好きなところに変更できるので
使いやすい場所に設置してください。

ホームボタンの反応を改善する方法ではないのですが、
応急処置的な対処としてはこれが一番楽で確実な方法ですね。

アルコールを用いた掃除の効果について

homebuttonerror4

ホームボタンに詰まった汚れをとるためにアルコールを使った
掃除を試す方が後を絶たないのですが、これはおすすめできません。

というのも完璧に改善される可能性よりも
アルコールによって故障するリスクの方が高いからです。

掃除をする際にはボタンを指で押しながら周辺に挟まっている
汚れを綿棒や爪楊枝などで優しく取り除くようにしましょう。

強い力を込めると故障につながりますので
くれぐれも繊細に扱ってください。

AppleCare+for iPhone

applecare

AppleCare+for iPhoneという保証サービスに加入している方は、
ホームボタンが故障しても無料で新品に交換してもらうことができます。

ただし故意に壊したり落として壊してしまった場合などは
新品の交換に7,800円かかります。

もしAppleCare+for iPhoneに加入していて故意に
故障させたのでなければ交換の依頼を行いましょう。

ホームボタンだけでなくボディ全部が新品に代わるため
なんだかお得な気分になれますよ。

ただし元のiPhoneのデータのバックアップを取っておく
必要があるのでその点にはご注意ください。

Appleと非公式の修理業者を比較

smartphone12

どうしてもホームボタンの不調が直らないときは
最終的に修理が必要となります。

しかし保証外の修理には結構なお金がかかりますし、
Appleに修理依頼をするときにはデータを初期化する必要があります。

バックアップを取っておかないとデータを
移し替えることができないので若干の手間がかかりますね。

その分、公式サポートなだけあって技術には信頼が置けますから
安心して修理を任せることができます。

非公式のiPhone修理専門店に依頼した場合は初期化せずに
ホームボタンのみを修理してくれるところもありますし、
Appleに依頼するよりも安い費用で済むことが多いです。

その代わり、非公式業者の手が加わることでAppleからの
正規の保証が受けられなくなるというデメリットがあります。

またホームボタンについてはエラーを引き起こす非公式な部品を用いる
業者もいるので業者によって当たり外れの差が大きいのも特徴です。

金額面で検討するなら保証適用の場合はAppleに依頼し、
適用外であれば非公式という使い分けも良いでしょう。

しかし金額だけで決めてしまうと思わぬトラブルも招きかねないので
修理を頼んだのに以前より調子が悪くなったという事態を避けたいのであれば、
最初からAppleに修理依頼を出すことをおすすめします。

iPhoneのホームボタンの調子が悪い時の対処法や
修理に関する解説は以上になります。

スポンサードリンク