SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

iPhoneでスクリーンショットができない原因や解決方法

smartphone134
iPhoneでは、画面のスクリーンショットを撮る機能があります。

画面を誰かに共有したいときや、画面上の情報を記録に残しておきたいとき、スクリーンショットは手軽でよく使われる方法です。

本記事では、iPhoneでスクリーンショットができなくなってしまった場合の原因や、その解決方法をご紹介します。

スポンサードリンク

iPhoneの調子が悪くてスクリーンショットができない

smartphone129
iPhone自体の不具合が原因で、スクリーンショットが撮れない場合があります。

アップデートがうまくいっていないときや、メモリがいっぱいになってしまったとき等に起こりやすいです。

解決方法:iPhoneの再起動

こういった場合は、ひとまずiPhoneの再起動をしましょう。
再起動のやり方は下記のとおりです。

1、(iPhone8以前)本体脇のスリープボタンを長押しする

(iPhoneX)本体脇のスリープボタンと音量ボタンを同時に長押しする

2、”スライドで電源オフ”と画面上部に出てくるので、電源マークをスライドする

3、本体脇のスリープボタンを長押しし、起動する

4、アップルマークが出てくるので、数秒待機する

5、パスコード入力画面が出てくるため、パスコードを入力すると電源が入る

iPhoneのトラブルは、本体の再起動によって解決することがよくあります。
再起動のやり方は覚えておいて損はないですね!

ボタンが壊れて押せなくなってスクリーンショットができない

smartphone105長くiPhoneを使用していると、ボタンの効きが悪くなったり、陥没してしまって押せなくなってしまったりすることがあります。

解決方法:Assistive Touchを使用する

iPhoneで標準で使えるAssistive Touchを設定することで、ホームボタン等のボタンを使わずにスクリーンショットを撮ることができます。
設定の仕方は下記のとおりです。

1、iPhoneの”設定”アプリを開く

2、”一般” → “アクセシビリティ” → “Assistive Touch” の順で開く

3、”Assistive Touch”をONにする

設定をすると、画面の隅に白くて丸いボタンが現れます。

このボタンは常に表示されてしまいますが、画面上の好きなところに動かすことができるので、邪魔になったらズラせばOKです。

Assistive Touchを使ってスクリーンショットを撮る方法は、下記のとおりです。

1、スクリーンショットを取りたい画面で、Assistive Touchを開く

2、”デバイス”をタップ(デフォルトでは右側にあります)

3、”その他”をタップ(デフォルトでは右下にあります)

4、”スクリーンショット”をタップ

これで、ホームボタン等のボタンが壊れてしまって押せない場合でも、スクリーンショットを撮ることができます。

Assistive Touchのカスタマイズ

Assistive Touchは、カスタマイズすることでより使いやすくなります。

例えば、デフォルトでは白くて丸いボタンをタップしてからスクリーンショットを撮るまでの階層が、かなり深くなっています。

ここで、設定画面のAssistive Touchにて”最上位メニューをカスタマイズ”がおすすめです!

よく使うメニューを最上位メニューに設定することができるため、使い方に合わせて変えることができます。

また、3DTouchが有効な機種については、3DTouchの設定がおすすめです。

Assistive Touch設定画面より、3DTouchにスクリーンショットを設定します。

すると、白くて丸いボタンを強めに押すだけでスクリーンショットを撮ることができます。

使い慣れていけば、もしかしたらボタンでスクリーンショットを撮るよりもラクに使えるかもしれませんね。

スポンサードリンク