SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

【完全版】iPhoneの容量不足を解消してストレージの容量を減らす方法

smartphone64

iPhoneを長期間利用しているとストレージの容量不足に悩まされます。

容量が不足するとiPhoneの動作にも悪い影響を与えますし、
新しい音楽やアプリなどをインストールする時に
その都度容量を気にしなければならなくなります。

そこで今回はストレージの容量を減らす方法についてご紹介してまいります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ストレージの容量を減らす方法

写真や動画を削除する

まずはiPhoneに保存してある写真や動画を整理しましょう。

特に動画はかなりの容量を取るため長く残したいもの以外は
なるべく定期的に削除するようにしてください。

撮影に失敗した写真や動画などを消さずに放置している方は
できれば撮影してすぐに削除するようにしましょう。

後々の整理の手間がかなり省けます。

削除しても30日間は復活可能

iOS8以降、削除した写真や動画はアルバム内の
「最近削除した項目」に30日間保存されるようになりました。

reducestoragereducestorage2

ただ一度消したファイルを復元できるのはありがたいのですが、
ストレージの容量を確保したい時はちょっと迷惑な仕様ですよね…

写真や動画の整理が終わったら「アルバム」→「最近削除した項目」と進み
右上の「選択」をタップして「すべて削除」を実行しておきましょう。

reducestorage3reducestorage4

PCやクラウドストレージにファイルを移す

残しておきたい写真や動画はPCやクラウドストレージに移して
iPhoneから削除しておくと容量の節約になります。

iPhoneでもGoogleが提供している「Googleフォト」が利用できるので
Googleアカウントと紐付けるとPCとiPhoneどちらからも
写真や動画を見られるのでとても便利です。

いちいちPCに接続してファイルを移す必要もなくなるのでぜひ活用してみてください。

HDR撮影の写真のみを保存する

iPhoneに搭載されているHDR機能をオンにしていると
通常撮影の写真とHDR撮影の写真の2枚が同時に保存されるようになります。

写真1枚1枚の容量は大したことはありませんが、
積み重なることで容量を圧迫してしまいます。

HDR撮影の写真のみを保存する設定をして
写真が1枚しか残らないようにしておきましょう。

マイフォトストリームへのアップロードを無効化

マイフォトストリームとは撮影した写真を自動でアップロードし
iCloud接続デバイスにダウンロードしてくれる機能のことです。

iCloudを利用する他のデバイスとすぐに写真を共有できるため
便利ではあるのですが、この機能をオンにしていると
マイフォトストリーム用の写真が別に保存されてしまい容量を圧迫します。

マイフォトストリームが必要ない方は設定の「写真とカメラ」とタップし
「マイフォトストリームにアップロード」をオフにしておきましょう。

reducestorage5reducestorage6

iPhoneに保存している音楽を削除する

動画ほどではありませんが音楽データも容量が大きいです。

いちいち整理するのが面倒で全然聞いてない曲も入れっぱなしのまま
放置しているという方は曲を厳選して整理しましょう。

iTunesで購入した曲はiPhoneから削除しても再度購入し直す必要はありません。

一度購入すればいつでもダウンロードすることが可能なので
最近聞いてない曲は思い切って整理することをおすすめします!

設定の「一般」から「ストレージとiCloudの使用状況」→
「ストレージを管理」と進み「ミュージック」を選択すると
アーティストごとに使用容量を確認することも可能です。

iphoneippanreducestorage11reducestorage12削除もアーティスごとに行えるので一括で削除したい場合は
こちらの方法で音楽の整理をしてみてください。

不要なアプリを削除する

アプリもまた容量を圧迫する大きな要因の1つです。

容量はアプリによって異なりますが、ゲームアプリなどは
容量の大きいものが多く小さいものでも200〜500MB程度
大きいものだと1GBを優に超えるものまであります。

インストールしたものの全然遊んでないゲームアプリがあったら
1つ削除するだけでも大幅に容量を確保することが可能です。

設定の「一般」から「使用状況」→「ストレージを管理」の順に進むと
容量の大きな順にアプリ一覧が表示されます。

削除するかどうか迷っているアプリでもあまりに容量が
大きいようだったら思い切って削除することをご検討ください。

reducestorage7

削除するとアプリ内のデータが消えてしまうものもあるので
その点だけはご注意ください。

ゲームアプリは専用のアカウントやGoogleアカウントなどとの
紐付けによってデータがネット上に保存されているケースが多いので
アプリを削除してもまたDLし直せばデータが復元できることもあります。

ほとんど使ってないけどデータが消えるのが惜しいという理由で
アプリの削除に踏み切れない時はアプリ内のデータがネット上に
保存されるタイプかどうかを確認しておくと良いでしょう。

キャッシュを削除する

キャッシュとは一度利用したデータに再度アクセスするのを
速めるための一時データのことです。

Safariのようなウェブブラウザであれば一度アクセスしたサイトの
キャッシュを保存することで再訪問した際にページの表示が速くなります。

スムーズにネットを利用する上で便利なキャッシュ機能ですが、
放置しておくと溜まっていく一方でどんどん容量を圧迫していきます。

Safariのキャッシュ削除方法

設定の「safari」から「履歴とWebサイトデータを消去」をタップしてください。

reducestorage13reducestorage14

キャッシュを削除すると自動ログインしていたサイトのIDやパスワードを
再入力する必要があるのですが、iCloudキーチェーンを設定することで避けられます。

設定から「iCloud」をタップし「キーチェーン」をオンにしてください。

reducestorage8reducestorage9

これでキャッシュを削除してもパスワードやIDの再入力を省けます。

キャッシュ削除に関する裏技

iPhone内のキャッシュにはどうしても削除できないものがあります。

しかし、ある裏技を使うことでそのキャッシュを削除して
容量を大幅に増やせる裏技があります。

それはストレージの空き容量よりも大きなサイズのアプリを
App Storeからインストールするという簡単なもの。

実は空き容量よりも大きなアプリをインストールしようとすると
iPhoneが容量の確保のために自動でキャッシュを整理してくれのです。

この機能を利用してiPhoneにキャッシュの整理をさせ
空き容量を増やすという裏技なんですね。

アプリは実際にインストールする必要はありませんし、
この裏技を何度も繰り返すことで徐々に空き容量も増えていきます。

空き容量がかなり切迫している方は大きなサイズのアプリを探して
この裏技を試してみてください!

バックアップを取ってiPhoneをリセット

smartphone65

手間はかかりますがこの方法が一番手っ取り早く
大幅な容量削減を実現してくれます。

iTunesにバックアップを取ってiPhoneをリセットすることで
容量を圧迫しがちな「その他」データを削除することができます。

iPhoneをPCと接続してiTunesを起動

iPhoneをPCに接続してiTunesを開きiPhoneの管理画面を開くと
ストレージの使用状況が「App」や「写真」など種類別に表示されます。

その中の「その他」というデータに注目してください。

この「その他」データには上でもご紹介したキャッシュデータが
含まれており通常の方法で削除することはできません。

「その他」データは通常であれば3GBほどですが、
iPhoneを使い続けているとこの容量がどんどん大きくなります。

「その他」の容量が大きくなりすぎている場合は
iPhoneのリセットをすることで容量を大幅に削減することができます。

iPhoneのデータをiTunesにバックアップ

iPhoneの管理画面の「概要」から「バックアップ」カテゴリを表示します。

「このコンピュータ」と「iPhoneのバックアップを暗号化」に
チェックを入れて「今すぐバックアップ」をクリックしましょう。

これでiPhoneのデータがPCにバックアップされます。

復元する際にパスワードの入力を求められるので
忘れないようにメモしておきましょう。

パスワードを忘れるとリセットした後にデータをiPhoneに
戻すことができなくなるのでくれぐれもご注意ください。

iPhoneをリセットしてiTunesからデータを復元

次にiPhoneの操作に移ります。

設定の「一般」から「リセット」に進み
「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。

Apple IDのパスワードを入力したら「消去」をタップしてください。

これでiPhoneのリセットが完了し「その他」データが削除されます。

リセットが完了したら再度PCのiTunesと接続してください。

「新しいiPhoneへようこそ」の画面が表示されるので
「このバックアップから復元」でバックアップデータを選択し
「続ける」をクリックしてください。

自動で復元が行われるのでしばらくお待ちください。

復元が完了したらiPhone管理画面からストレージ内の
「その他」がどれくらい削除されているか確認してみてください。

「その他」の容量が大きいほど大幅な削減が見込めるので
状況によっては数GBもの容量を確保することができるはずです。

ストレージの容量不足を解消する方法は以上になります。

スポンサードリンク