SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

iPhoneのタッチパネル画面が反応しない・おかしい時の対処法

smartphone64

iPhoneのタッチパネルの反応が悪いからといって
無理に画面を押すのは大変危険です。

そもそもiPhoneのタッチパネルは静電容量方式なので
強く押したところで何も意味がありません。

スポンサードリンク

少しの反応の悪さならiPhoneを傷つけずに
簡単に直せる対処法があるのです。

スポンサードリンク

画面の一部が反応しない時

画面の一部だけが反応しないのは画面に付着した
汚れや気泡が原因として考えられます。

画面を綺麗な布で拭き取る

まずは画面を綺麗に拭き取りましょう。

指紋や汚れなどが付着しているとタッチパネルが
正常に動作しないことがあります。

スマホクリーナーなどを使ってディスプレイを
傷つけないように優しく汚れを拭き取りましょう。

くれぐれもティッシュなどを使って傷をつけないよう注意してください。

保護シートを剥がして掃除する

smartphone102

保護シートを使っている方は保護シートとディスプレイの隙間に
汚れや気泡などが入っていないか確認してみてください。

隙間に入り込んだ異物がタッチの感度を下げている可能性があります。

保護シートを剥がしたら画面をキレイに拭き取って、
気泡が入らないように保護シートを貼り直しましょう。

画面全体が反応しない時

画面すべてが反応しないときはiPhone本体に
異常がある可能性が高いです。

再起動などで直るケースもありますが最悪の場合、
修理が必要になるでしょう。

iPhoneの温度を冷ます

iPhoneに負荷をかけすぎると熱を帯び、動作が重くなることがあります。

長時間アプリなどを起動して温度が高くなっていると感じたら
しばらく放置して温度が下がるのを待ちましょう。

温度が正常に戻ればタッチパネルの感度も戻ることがあります。

マルチタスクを終了させる

アプリを同時に複数起動していると動作が重くなり、
タッチパネルの反応が悪くなることがあります。

画面に表示されていなくてもバックグラウンドで動作している
アプリが大半ですのでホームボタンを素早く2回タップし、
起動中のアプリを下から上にスライドして動作を終了させましょう。

multitask2

iPhoneを強制リセットする

一度、iPhoneを再起動するとタッチパネルが反応することもあります。

しかし、タッチパネルが反応しないと
電源オフのためのスライドができませんよね。

そんなときは強制リセットを試してみてください。

強制リセットをするにはスリープボタンとホームボタンを
10秒以上同時に押し続ける必要があります。

するとAppleのロゴマークが表示され、iPhoneが強制的にリセットされます。

タッチパネルが反応せず電源が落とせないときは
こちらの強制リセットで再起動してみてください。

サポートセンターに問い合わせ

callcenter

いずれの対処法を試しても改善されない場合は
サポートセンターに相談し修理を頼むことになります。

保証期間内であれば無償修理を受けることも出来ますので
サポートセンターに問い合わせてみてください。

ただし水没や落下などが原因だと保証が適用されないので注意が必要です。

保証期間外であったり、保証が適用されない場合は
iPhone修理専門店に修理を頼むのも良いでしょう。

Appleに頼むよりも安く済みますしデータの初期化をせずに済む場合もあります。

故障の原因や保証期間内か否かで修理先を決めるようにしましょう。

iPhoneのホームボタンが反応しない(効かない)硬い時の対処法

iPhoneのタッチパネル画面が反応しない時の対処法は以上になります。

スポンサードリンク