SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

iPhoneの音声コントロールをオフにして無効化する設定方法

smartphone103

iPhoneにはホームボタンを長押ししながら話しかけるだけで
音声操作ができる音声コントロール機能が搭載されています。

昔と比べて音声認識の精度も飛躍的に上がっており
未来を感じさせてくれる素晴らしい機能なのですが、
その一方でちょっと困った点もあります。

それは音声コントロールの誤作動。

スポンサードリンク

ポケットに入れていたiPhoneのホームボタンが何かの拍子で長押しされて、
いつの間にか音声コントロールから電話が発信されていたというような誤作動です。

そこで今回は音声コントロールをオフにする方法を
いくつかのケースに分けてご紹介します。

音声コントロールの誤作動が気になる方は
自分に合った方法をお試しいただければと思います。

スポンサードリンク

音声コントロールとSiriは同じ?

siri

音声コントロールとSiriを同一視されている方が多いのですが、
どちらも音声入力によってiPhoneを操作する点は同じですが、
それぞれ担当する操作範囲が異なります。

音声コントロールは電話発信や音楽再生など
iPhone本体に搭載されている機能しか呼び出せません。

一方、Siriは電話発信や留守番電話の再生といった基本的な機能から
地図案内やお天気情報などネットで検索しなければ
分からないようなことまで詳しく対応してくれます。

Siriの性能自体もどんどんアップデートされているので
対応できる範囲も徐々に広がっており、
まさに人工知能と呼ぶに相応しい多機能なAIとなっています。

通常は音声コントロールとSiriのどちらかが常に起動しており、
設定によってどちらをオンにするか切り替えることが可能です。

ただそうなると、どちらかが誤作動する可能性がありますので
音声入力による誤作動を避けたい方は両方共オフにする必要があります。

音声コントロールとSiriを両方オフにする方法

以前まで音声コントロールとSiriを
簡単にオフにする方法はありませんでした。

ですが、iOS10.2からはこの2つの機能を
簡単にオフにできる設定が追加されています。

まずは「設定」を開いて「一般」を選択してください。

iphoneippan

続いて「アクセシビリティ」→「ホームボタン」の順にお進みください。

voicecontroloff1voicecontroloffそうすると「Siri」「音声コントロール」「オフ」の
3つの項目が表示されているのでこの内の「オフ」にチェックを付ければ
音声コントロールとSiriの両方を同時にオフにすることができます。

voicecontroloff2

これでポケットの中でうっかりホームボタンを長押ししてしまっても
音声入力が無効になるので誤作動が気になる方はぜひ活用してください。

ロック画面のみ音声コントロールをオフ

ロック画面での誤作動だけを防ぎれば良いという方は
以下の方法を試してみてください。

まずは設定を開いて「Siri」をタップします。

voicecontroloff3

続いて「Siri」をオンに切り替えます。

最後に「ロック中にアクセス」をオフにすると
ロック画面中にホームボタンを長押ししてもSiriが起動しなくなります。

voicecontroloff4

普通にiPhoneを使っている時はSiriを起動できるので、
ロック画面中の誤作動だけが気になる方はこちらの方法がおすすめです。

電話発信のみを音声コントロールをオフ

ロック画面での電話発信の誤作動だけが気になる方は
「設定」を開いて「Touch IDとパスコード」をタップしてください。

voicecontroloff5

続いて「音声ダイヤル」をオフにしていただくと
ロック中の誤作動による電話発信を防ぐことができます。

voicecontroloff6

編集後記

完全に機能を切ってしまうといざ音声コントロールやSiriを
使用する際に設定をいちいち開く必要があるため手間がかかります。

音声入力を頻繁に使う方は自分の都合に合わせて音声コントロールに
制限をかけるとストレスなくiPhoneを使うことができます。

今回ご紹介した方法をそれぞれ試してみて
自分に合った使い方をお探しいただければと思います。

スポンサードリンク