SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

iPhoneの壁紙のサイズが合わない時の調整・変更方法(合わせ方)

smartphone132
iPhoneの壁紙に適切なサイズの画像を使えば、
問題なく壁紙として利用する事ができますが、

自身で撮影した写真やサイズが異なるお気に入りの画像を壁紙に設定すると、
自分の思い通りにならないという事が多いです。

これはiPhoneの仕様上、適切ではないサイズの画像をそのまま壁紙に設定すると、
その写真は壁紙のサイズに適切になるよう自動的に拡大されてしまうからです。

ただ、画像のサイズをiPhoneの壁紙サイズに適切なものへ
調整する事ができれば、自動的に拡大される事なく壁紙に設定する事はできます。

そこで今回は、iPhoneの壁紙サイズに合わない画像を
適切なサイズへと調整・変更する方法について解説していきます。

スポンサードリンク

スクリーンショットを使用して壁紙サイズに調整する方法

一番手っ取り早く写真を壁紙サイズに調整できるのが
「スクリーンショット」を使用した方法です。

スクリーンショットはiPhoneの画面全体が撮影される為、
編集不要で壁紙に適切なサイズとして撮影されます。

その為、スクリーンショットを壁紙に設定した際、
自動的に拡大されるという事がありません。

やり方は非常にシンプルです。

まず、「写真」アプリを起動し、アルバムから壁紙にしたい写真を選択して下さい。

picture
すると選択した写真が表示されます。

表示された写真をタップすると上部と下部のメニューが消え、
写真だけがiPhoneの画面一杯に表示されます。

写真はピンチアウト・ピンチイン(二本指でつまんだり広げたりする操作)で
拡大・縮小ができますので、必要に応じて写真のサイズを設定して下さい。

後は写真をスクリーンショットしてサイズ調整完了です。

スクリーンショットはホームボタンとスリープボタン、
iPhoneX以降のモデルはスリープボタンと音量ボタン(上側)を
同時押しする事で撮影する事ができます。

写真編集機能を使って壁紙サイズに調整する方法

次に紹介する方法は、「写真」アプリに標準搭載されている編集機能を使用した方法です。

少しだけ手間がかかりますが、細かい調整もできるというメリットがあります。

まず「写真」アプリを起動し、アルバムから壁紙にしたい写真を選択して下さい。

写真が表示されたら、上部メニュー右端の「編集」を選択します。

iphonewallpaper次に、編集メニュー下部の4つのアイコンの中から一番左のアイコンを選択して下さい。

iphonewallpaper2
これで画像の拡大や向きを編集できるようになります。

もし、壁紙にしたい写真が横向きに撮影しているものであれば、
縦向きに変更しないと壁紙に適切なサイズにするのが難しくなるので注意して下さい。

画像の向きは、編集画面左下の四角と矢印が
組み合わさったアイコンをタップする事で変更できます。

次に編集画面右下の四角が重なったようなアイコンをタップし、
iPhoneの機種に合ったアスペクト比を選択します。

iPhoneのモデル事のアスペクト比は以下の通りです。

※iPhoneXに関してはアスペクト比の選択肢に
2:1というものが無い為、16:9を選択して下さい。

但し、この場合だとiPhoneXの壁紙サイズより少し小さくなってしまう為、
壁紙設定時に少しだけ拡大されてしまいますので注意して下さい。

アスペクト比の設定が完了したら、
最後に編集画面右下のチェックマークを選択してサイズ調整完了です。

アプリケーションを使って壁紙サイズに調整する方法

画像を壁紙に適切なサイズへ調整できるアプリとしては
「壁紙ぴったん」というものが挙げられます。

アプリをインストールする手間はありますが、インストールさへ完了してしまえば、
簡単に画像のサイズを壁紙サイズに調整する事ができます。

まずは、AppStoreより「壁紙ぴったん」をインストールします。

壁紙ぴったん

壁紙ぴったん
 
開発元:Yoshinori Kume
 無料
 

 

インストール後、アプリを起動し「画像を選択」を選択し、
アルバムから壁紙にしたい画像を選択して下さい。

※その他の設定は初期状態のままで問題ありません。

画像選択後、編集メニューが開かれますので、
編集メニューの緑枠に合わせて画像の移動や拡大・縮小を行ってください。

なお、この調整はタッチ操作で細かく行う事もできれば、
アプリ上のボタン操作でも行う事ができます。

調整が完了したら、右上の「保存」をクリックし
JPEG(通常画質)またはPNG(高画質)で保存し、サイズ調整は完了です。

保存した画像はカメラロールに保存されています。

調整した壁紙を設定する際は「静止画」がお勧め

壁紙を設定する際、「静止画」と「視差効果」を設定する事ができるのですが、
ここは「静止画」の選択をお勧めします。

視差効果とはiPhoneを傾けた際、それに合わせて背景も動くという機能なのですが、
これを設定してしまうと調整した画像が自動的に拡大されてしまいます。

わざわざ壁紙のサイズに調整した画像を拡大されてしまっては、
調整した意味がなくなってしまう為、
画像をそのまま壁紙に使用したいという場合は「静止画」を選択して下さい。

なお、この機能は「設定」メニューより「一般」を選択し、
一般メニューから「アクセシビリティ」を選択する事でも設定する事ができます。

iphonewallpaper3アクセシビリティメニューより「視差効果を減らす」をオンにすると、

iphonewallpaper4
全ての視差効果がオフになり、画像の動きが減ります。