SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

LINEオーディオの料金や通話が切れる原因・元に戻す方法を解説

lineaudioAndroid版のLINEをお使いの方には関係のないお話なのですが、
「LINEオーディオ」という見慣れない表記を見掛けることが多くなりました。

これはiOS10以降で利用できるCallKitという仕組みに対応したもので、
LINEのバージョンを6.8.5以上にアップデートすることで確認できます。

スポンサードリンク

CallKitはアプリの開発者に対して提供されているサービスなので、
詳細は割愛しますが、簡単にご説明するとiPhoneに標準で搭載されている
電話アプリの一部をLINEが利用できるようになったというわけです。

それに伴いこれまで「○○からの着信です」と表示されスライドで応答していたものが、
通常の電話から掛かってきた時と同じ画面に変更されました。(ロック画面時)

lineaudio2lineaudio3

そして着信履歴の欄を確認していただくとこちらにも
「LINEオーディオ」の表記が残るようになりました。

lineaudio4

スポンサードリンク

LINEオーディは無料?有料?

ではここまでご紹介してきた「LINEオーディオ」

果たしてこれまで通りパケット通信量のみの負担で通話料金は
無料で利用することができるのでしょうか!?

こちらは実際に自分で通話を掛けてみた & 公開情報を調べてみた結果、
これまで通り無料で通話することができたのでご安心ください。

ただLINEオーディオでは下記のような不便な現象が起きてしまいます…

スリープにすると通話が切れる

iPhoneの側面についている電源ボタンを一度だけ押すと
画面が真っ暗になるいわゆるスリープモードに入りますが、
LINEオーディオになってからスリープモードでは通話が切れるようになりました。

この問題はイヤホンを挿しながら通話することで解消できるのですが、
イヤホンをお持ちでない方、長時間イヤホンを挿し続けると
耳が痛くなってしまうのが難点ではあります…

earphone2

ゲームアプリが中断される

ゲームアプリに限った話ではないのですが、LINEオーディオで
着信が掛かってくると使用中のアプリが中断されるのが厄介だったりします。

リアルタイムで対戦中に操作が出来なくなって負けたりしたら
イライラして仕方がないですよね(汗)

この問題の解決方法としては歯車マークの設定から「トーク・通話」→
「通話の着信許可」をオフにするという方法が有効です。

lineaudio5lineaudio6lineaudio7他のアプリを使い終わった、遊び終わった後はくれぐれも
「通話の着信許可」を再びオンにするのをお忘れなく!

LINEのダウングレードについて

ここまでの説明をご覧になった方の中にはLINEオーディオは面倒そう、
元に戻したいと思われた方が多少なりともいるはずです。

何を隠そう管理人自身がこれまで通りのLINE通話派ですからね(汗)

ただこれまで通りのLINE通話に戻すためにはLINEのバージョンを
ダウングレードしなくてはならず、過去にパソコン上のiTunesと同期して
以前のバージョンを残しているというのが必要条件になります。

iPhone単体で簡単にLINEのバージョンを元に戻すことはできないので
ダウングレードは決して推奨できる方法ではないのですが、どうしても
LINEオーディオは性に合わないという方は参考にしてみてください。

追記

歯車マークの「設定」から「トーク・通話」へと進み
「スマートフォンの基本通話と統合」をオフにすることで
元の仕様に戻せることが明らかになりました。

スポンサードリンク