SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

LINE Beaconとは?設定や邪魔な時の消し方などを解説

日本ではコミュニケーションツールとして若年層、中高年層と広く普及しているLINE。

主な利用方法はメッセージやタイムラインですが、
ここ最近では漫画、音楽、決済サービスと様々なサービスを提供しています。

そして、LINE BeaconもLINEが提供するサービスの一つです。

linebeaconここでは、このLINE Beaconにスポットを当て、どういったサービスなのか、
どのように利用する事ができるのかを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

LINE Beaconとはどんなサービス?

LINE Beaconとは、所有しているスマートフォンなどによって
利用者が現在いる場所の情報を取得し、
その場所に応じた情報を提供するサービスです。

ビーコン(Beacon)は、このサービス上ではBluetoothの発信機の事を言います。

スマートフォンがビーコンの発信するBluetoothを受信できる範囲内に入ると、
ビーコンがスマートフォンに自動でクーポンや店舗情報を通知するという仕組みです。

例えば、スマートフォンの利用者がLINE Beaconのサービスを
展開する「A店」に立ち寄った場合、利用者のスマートフォンに
自動でA店のクーポンやお得な情報などが通知されます。

LINE Beaconを利用する為の設定

LINE Beaconを利用するにあたり、まずはユーザ自身が設定を行う必要があります。

設定方法は下記の通りです。

LINEアプリを起動し、左上の歯車アイコンを選択する。

linebeacon2設定メニューが開いたら、「プライバシー管理」という項目を選択する。

linebeacon3プライバシー管理メニューの「情報の提供」という項目を選択する。

linebeacon4一番下にある「LINE Beacon」をオンにする。

linebeacon5「同意して利用開始」を選択する。

以上で、LINE beaconの設定は完了となります。

街を歩くたびに、興味のない店からプッシュ通知がきて嫌だという人は、
上記の手順4でLINE Beaconをオフにすれば通知が来なくなります。

また、LINE BeaconはスマートフォンがBluetoothを
受信できる状態になければ利用できませんので、注意して下さい。

LINE Beaconの利用方法や利用できる場所について

LINE beaconを設定したとしても、
それに対応したビーコンが設置されている店舗でなければ、
クーポンなどの情報を受信する事はできません。

また、LINE beaconを設置している店舗によっては活用方法が若干異なります。

ここからは、店舗がLINE beaconをどのように活用し、
利用者はどのように利用すればよいのかを紹介いたします。

ボタン型ビーコン

ボタン型ビーコンとは、「ZOZOTOWN」を運営する
スタートトゥデイの実店舗に導入されているLINE Beaconの活用事例です。

商品のタグなどに取り付けられたボタンを押す事で
ビーコンがBluetoothを発信し、
LINEで商品情報や店舗情報を送信するという仕組みのものです。

ユーザ独自の判断で、その店舗のLINE beaconサービスを受けられるというのが特徴です。

自動販売機のLINE Beacon

自動販売機のLINE Beaconは、キリンビバレッジバリューベンダーが
展開するサービス「Tappiness(タピネス)」が有名な活用事例です。

店舗ではなく、自動販売機にビーコンが設置されており、
LINE Beacon利用者はその自動販売機でドリンクを購入する事で、
ポイントを受け取る事ができるという仕組みです。

貯めたポイントはドリンクと交換する事ができます。