SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

LINEの文字を可愛いフォントに変更する方法【iPhone】

「毎日使うものだからこそ、こだわりたい!」

「皆と同じなのはちょっと個性がないかも…」

実はLINEで送る文字ってフォント変更できちゃうんです。

自分の周りでは一般的なフォントを使っている方ばかりなのですが、
たまにTwitterで拡散されまくってるLINEのスクショ画面とかを見ると
すごく可愛いフォントを使っていたりするんですよね。

ですから周りの女の子友達に教えてあげようと思って
早速調べてみることにしました。

スポンサードリンク

——————————————–

【追記】

2017年7月19日より文字アプリ無しでもデコ文字が使用できるようになりました。

linefont8

使い方はLINEを最新のバージョンにアップデートし、
設定の「トーク・通話」→「サジェスト表示」をオンにしていただくことで利用できます。

linefont9
〜追記終了〜

——————————————–

スポンサードリンク

文字アプリでフォントを変えることができる!

最も手軽で簡単な方法は文字アプリを活用することです。

今回は数多くある文字アプリの中でも「もじぺったん」という
アプリを例にして使い方を解説したいと思います。

linefontアプリをインストールして起動すると、文字の入力画面が表示されます。
そして画面上部には8種類のフォントが用意されています。

linefont2左側から「逆さ」「囲み」「取消」「モクモク」「カナ」「ギャル」
「ヤンキー」「へた」といった順番ですね。

この中からお好みのフォントを選択していただき、
LINEで送りたいメッセージを入力しましょう。

今回は右端の「へた」を選択して、おはようと打ってみました。
下の段に表示されているのが、変換後のへた文字です。

linefont3
続いて矢印先のマークをタップしてLINEという項目を選択します。
(Twitterにも同じように投稿できるのは嬉しいですね)

linefont4LINEの友だち一覧に画面が切り替わったらメッセージを
送りたい相手を選んで「送信」をタップしましょう。

linefont5
LINEのトーク画面では下画像のように表示されます。

linefont6今回の使い方解説で利用した「へた」フォント以外に
個人的に面白いと思ったのは、「ヤンキー」と「モクモク」の
二種類のフォントであります。

ヤンキーは「おはよう」と打つと「汚覇夜宇」に変換され、
モクモクは「おはよう」という文字が雲の中にあるような感じで表示されます。

好みは人それぞれだと思いますので、色々とお試しになってみた下さい。

Android版の文字アプリ

今回ご紹介した「もじぺったん」は残念ながらAndroid端末では
利用できないのですが、「AR丸ゴシック体M」というアプリを用いると
丸みを帯びた可愛らしいフォントが使えそうです。

linefont7LINEの文字を可愛くしてみたかったという方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク