SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

LINEの絵文字の文字化けを修復して表示【iPhone】

ネット上のコミュニケーションに大きな
変化を起こしたLINEのスタンプ機能

ガラケー時代にも ” デコメ “が一部では流行っていましたが、
今やスタンプの方が大多数と言えそうです。

特に文章を書かなくてもスタンプ一つでニュアンスが
伝えられるのは非常に便利ですよね。

個人的にLINEでのやり取りはスタンプがメインなのですが、
たまに絵文字や顔文字を利用したくなる時があったりします。
友達から送られてくるケースもありましね。

kaomoji最近は可愛らしい絵(顔)文字があって見ていて微笑ましくなるのですが、
稀に文字化けして全く解読ができない時があったりします。

そういう時にふと思うのですが、自分が送っている絵(顔)文字も
文字化けしている可能性って大いにありますよね?

そこで今回はLINEでの文字化けをできるだけ防ぐ方法や、
文字化けの修復方法についてご紹介したいと思います。

LINEで文字化けが起きる原因

トラブルを解消する為には、その原因を知る必要がある!

ということでまずは文字化けの原因についてですが、
大きく分けて3つの可能性があります。

スポンサードリンク

①異なるOS間の送受信

スマホのOSと言えば iOSとAndroidが大多数ですが、
これらのOSが異なるということはLINEの仕様も
若干違いがあるということです。

※バーションアップの時期も含む

②異なる端末間の送受信

iOSは基本的にApple製品ばかりですが、Androidの
端末は全く違う会社が複数発売しています。

本来その端末で認識できる絵(顔)文字以外を送受信すると
見事に文字化けしてしまうというわけです…

③特殊記号を含む顔文字

特殊な記号が含まれているから、珍しくて可愛いという
側面もあるのですが、これも文字化けの原因の一つ。

結局文字化けしてしまったら解読不能で伝わりませんものね(汗)

文字化けを未然に防ぐ方法

それでは肝心の対策方法へと話をすすめましょう。

①LINEのアップデートの時期を考慮する

上記でご紹介した原因①のOS間の違いによる文字化けについては、
LINEのアプデの時期をずらすことで対策が可能です。

というのもAndroid版のLINEが先行でアプデされるのが通例で、
続いてiPhone版のLINEのアプデが行われます。

ですからAndroidをお使いの方は1,2週間ずらすことで
OS間での文字化けを減らせると思います。

反対にiPhoneをお使いの方は速やかにアプデを行うことで
Android版のLINEとバージョンを合わせれそうです。

※アプデには往々にバグもあるので、この辺は要注意です。

標準の絵(顔)文字を使う

これはもともとスマホ端末に標準に備わっている
絵(顔)文字のことですね。

「かおもじ」「えもじ」と入力するといくつか候補が
表示されるので、それらを使うようにしましょう。

mojibakemojibake2

③文字化けしないアプリを使う

こちらも非常に有効な文字化け対策です。

iPhone専用ではありますが、あらかじめ文字化けしない
顔文字を厳選してくれているのがありがたいです。

素人目にはどれが特殊記号でそうでないのかって
見分けが付かない場合も多いですからね…

mojibake3ちなみにアプリ名はその名の通り「ばけない顔文字」です。

受信した文字化けを修復する方法

いざ受信した文字化けを修復する方法ですが、Androidには
「Tofu Destroyer」やという便利なアプリが存在します。

tofudestroyerしかしiPhoneには類似のアプリが存在しないので、
どうしても文字化けした元の絵(顔)文字を見たい場合は
相手にスクショを送ってもらうというのが代替案になります。

iPhoneにも「Tofu Destroyer」のようなお役立ちアプリが
登場したら改めてご紹介しますね。

文字化けの原因を知って未然に防ぐように努めることで、
会話中の「???」を少しでも減らせたら良いですね。

LINEの文字化けにまつわる解説は以上になります。

スポンサードリンク