SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

LINEの流出(トーク内容・個人情報)を防ぐ為に今すぐ行うべき事

line若年層から中高年層まで幅広く利用されているコミュニケーションアプリ「LINE」

2018年時点で、ユーザー数は7,000万人を越え、
大都会ともなれば使っていない人の方が珍しいと言えるでしょう。

しかし、その反面でLINEを悪用し、登録された個人情報やトーク内容などの
プライバシー情報を盗み見るといった悪質な手口も増えてきています。

現に、有名人のスキャンダルにてLINEのトーク履歴が
報道されてしまった実例もあります。

有名人に限らず、一般人がLINE流出被害に巻き込まれ、
被害を受けてしまう実例も多数報告されています。

多くの人が使うアプリですから、できれば安心して使いたいものですよね。

そこで今回はLINEの情報が流出してしまう原因と
対策方法について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

LINEの情報が流出してしまう原因と対策

pc9
LINEではユーザーの情報流出を防ぐ為、様々なセキュリティ設定が設けられています。

一方で、LINEの情報を盗む手口も様々で、
自身の不注意から情報流出を許してしまうケースもあります。

まずは、LINEの情報が流出してしまう原因に対し、
しっかりと対策を行い、自身もセキュリティを心がける事が大切です。

では、一体LINEの情報は何故流出してしまうのでしょうか?

原因に合わせて対策方法も紹介していきます。

第三者のスマートフォン直接操作による流出

LINEが流出している原因として最も挙げられているのが、
スマートフォンの直接操作です。

スマートフォンのパスワードが簡易的なものだったりする場合、
またはロックしていないなどの理由で、
LINEの情報は第三者からでも容易に盗み見る事ができます。

特に身近にパートナがいる人や、ルームシェアをしている人は要注意です。

あまり身近な人を疑いたくはないですが、
そういった点をしっかりと疑う事も時には大切です。

対策方法

スマートフォンを放置しない、しっかりとロックをかけるようにしましょう。
それに合わせて、LINEにもパスワードを施す事で、第三者から盗み見られる事での情報流出を防止できます。

LINEのパスワードは「設定」メニューの「プライバシー管理」より設定できます。

linesecurity
プライバシー管理画面の最上位にある「パスコードロック」をオンにして下さい。
任意のパスワードを設定し、完了となります。

linesecurity2
LINEのパスワードはスマートフォンとは別のものを設定しましょう。

別端末からの不正ログインによる流出

LINEのアカウントIDが流出して不正ログインされてしまう被害も少なくはありません。

いわゆる「乗っ取り」とよばれる手口ですね。

原因としては、友人になりすましたLINEのアカウントに、
自身のLINE情報を教えてしまった等が挙げられます。

他にも、犯人側が適当に文字列を入力して乗っ取るという手口もあるようです。

対策方法

自身のLINEアカウントは、友人や家族であっても、
できる限り教えない方が得策です。

また、スマートフォンのみでLINEを使用しているという方は、
別端末からのアクセスをブロックできる設定にしておきましょう。

設定はLINEの「設定」メニューの「アカウント」より行えます。

linesecurity3
アカウントメニューより、「ログイン許可」をオフにして設定は完了になります。

linesecurity4

ウィルス感染による流出

メールやインターネット、さらには自身でダウンロードしたアプリ等、
ウィルスの感染経路は様々です。

そういったウィルスの攻撃によってLINEの情報が流出してしまう事も十分に考えられます。

対策方法

信用性のないアプリのダウンロード、身に覚えのない
メールに添付されたファイルの開封などはウィルス感染の
原因に十分なり得ますので、必ず避けるようにして下さい。

また、LINEも常に最新のバージョンにしておく事が大切です。

LINEのバージョンは、「設定」メニューの一番下にある
「LINEについて」から確認およびアップデートする事ができます。

linesecurity5
「現在のバージョン」の下に「最新バージョン」と
表示されていなければ、お使いのLINEは最新です。

表示されている場合は「最新バージョン」をタップして下さい。

タップ後に自動でAppStoreが起動するので、「アップデート」を選択して下さい。

およそ1~3分程度でアップデートは完了します。