SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

LINE着うた(呼出音)の設定方法:個別のやり方や料金について

LINEの今後の事業展開を発表するカンファレンスで
2016年春に導入予定とされていたLINEの着うたサービスが
この程リリースされました。

linemusic大多数の予想通りだとは思うのですが、このサービスはLINE単体で
利用できる機能ではなくLINE MUSICとの連携が必要になってきます。

スポンサードリンク

そこで今回はLINE MUSICを使ったことがない方でも分かりやすいように
解説していくとともに気になる料金についてもご紹介してまいります。

それでは早速!

スポンサードリンク

LINE MUSIC側の設定

LINE MUSICをダウンロードして起動したらまずは
「ログイン」をタップしLINEとの連携を行います。

lineuta

利用規約や連携の認証について同意を求められるので、
「同意する」を選択するようにしてください。

同意を選択したところでいきなり料金が発生したり、自動更新へと
移行され解約手続きが必要になることはないのでご安心下さい。

今回のサービスには30日間の無料期間が用意されており、
それを過ぎると聴き放題チケットの購入が必要になります。

※学生の場合は学割で月額600円

チケットを購入しなければ31日目以降、着うたは利用できないのですが、
チケットさえ購入しなければ一切料金が発生することはありません。

LINE側の設定

LINE MUSICとの連携が完了したら次はLINE側の設定です。

歯車マークの設定ボタンから「トーク・通話」にお進みいただき、
新しく追加された「LINE着うた 呼出音」をタップしてください。

lineuta2lineuta3続いて「LINE MUSICで呼出音を作成」へと進むとLINE MUSICの
人気ランキングと検索ページが表示されている画面に移動するので
お好きな曲にチェックを付けて確認をタップします。

lineuta4lineuta5曲の一時保存で数秒間お待ちいただくと呼出音の編集画面に変わるので、
サビの部分を採用しても良いですし、歌の出だしの部分など、
ご自分が好きな箇所を範囲指定しましょう。

※最長時間は30秒間となっています。

編集が終了したら画面右上の「完了」をタップしてください。

lineuta6これでLINE着うたの設定は完了です。

設定しても着信音が変わらない?

設定が完了したあと多くの方がご家族やお友達に試しに通話を
掛けてもらうと思うのですが、着信音はこれまで通りです。

というのもLINE着うたは呼出音が変わるサービスなので、
通話を掛けている側に音楽が流れる仕組みなのです。

この事実にはがっかりしてしまうユーザーも多そうですが、
自分の好きな曲を聴いてもらえるのはそれはそれで嬉しかったりします。

ユーザーごと(個別)の設定は可能?

あとこういったサービスの特徴としてユーザーごとの設定が
強く求められると思うのですが、本記事を執筆している現在、
そのような機能は用意されていません。

せめて大切な恋人限定に一人だけでも個別設定ができるとよいのですが、
こちらは今後のLINE側の改善に期待したい点です。

編集後記

LINE着うたの設定に関する解説は以上になります。

LINE MUSICのユーザー数拡大と有料プランへの移行を目的とした
こちらの新機能ですが、どこまで盛り上がるか要注目ですね。

スポンサードリンク