SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

メルカリのキャンセル方法(購入者/出品者)ペナルティや手数料は?

mercariメルカリの登場によって個人間取引きが以前よりも
かなり身近な存在になってきています。

自宅でお蔵入りしているアイテムをお金に換えられる良いきっかけでもあるのですが、
相手が企業である場合と違って不安な点があるのも事実です。

今回はそんな不安要素の一つである「キャンセル」
について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

メルカリのキャンセル方法

smartphone73

まず規約に記載されている大前提からのご紹介なのですが、
メルカリでは基本的にキャンセルを行うことはできません。

相手に相談してみた結果、円満で双方が納得いくのであれば
キャンセルは可能なのですが、自己都合でのキャンセルは
認められていないということですね。

ただ以下に該当する場合はキャンセルを行うことができます。

スポンサードリンク

購入者側

支払いが完了して発送までの日数が3日を過ぎたにも関わらず、
発送通知も発送が遅れる連絡もない場合はキャンセルの対象になります。

厳密には出品者からの取引メッセージが3回以上ない場合なのですが、
この場合は事務局に問い合わせを行うことで返金手続きを行ってくれます。

また珍しいケースにはなるのですが、送られてきた商品が偽物であった場合、
こちらもキャンセル対象となります。

くれぐれも受取評価は行わず、事務局にことの詳細を連絡しましょう。

出品者側

購入者が支払期限を過ぎても支払いが完了していない場合、
出品者は事務局に問い合わせることなく自らの操作で
キャンセル手続きを行うことができます。

mercaricancel

上画像のようなボタンが取引画面に表示されているので
こちらからキャンセルするようにしてください。

ペナルティ

原則としてキャンセルが認められていない以上、
何かしらのペナルティが発生したりするのでしょうか?

こちらに関しては事務局が明確な基準を公開しているわけではないのですが、
安心して取り引きができる環境を作るために繰り返しキャンセルを行う
悪質なユーザーに対しては利用停止処置が下されます。

少なくとも支払いができない or 遅れる

商品が発送できない or 遅れる

といった場合は無断でキャンセルするのではなく、
相手にその旨をメッセージするのが無難ですね。

手数料

conveniencestore3

メルカリにはキャンセル手数料は存在しないのですが、
コンビニやATMで支払いを行った場合、
1つの商品に対して100円の手数料が発生します。

例えば1,000円の商品を購入した場合、手数料を含めると
1,100円の支払いが必要になるということです。

では出品者がいつまで経っても発送してくれないといった理由で
キャンセルが認められた時、この手数料分は返金してくれるのでしょうか?

管理人は手数料に関しては泣き寝入りかと思っていたのですが、
実は手数料分も含めて事務局から返金してもらうことができます。

たかが100円されど100円なのでこの対応はありがたいですね。

メルカリにキャンセルに関する解説は以上になります。

本記事をご覧いただいた方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク