SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

【メルカリ】コンビニ支払いの方法や手数料・期限について解説

mercari

若者向けのフリマアプリ「メルカリ」は未成年であっても
保護者の同意があれば出品も購入も可能です。

ただ購入の際に便利なクレジットカードは18歳未満には発行されないので、
選択肢の一つとしてコンビニ支払いを選ぶ方も多いと思います。

スポンサードリンク

コンビニ支払いのやり方

コンビニ支払いは各店舗に設置されている専用の端末に必要情報を入力し、
最後にレジで店員さんにお金を支払うという流れです。

ほぼ全てのコンビニ対応していると言っても過言ではなく、

セブン-イレブン ,ローソン ,ファミリーマート
ミニストップ ,サークルK・サンクス ,デイリーヤマザキ
セイコーマート ,スリーエフ

に対応しています。

専用端末の詳しい使い方はメルカリの「ガイド」から
「購入するには」→「支払い方法」→「コンビニ払い」の順に進むことで
各店舗別の解説が用意されているので参考にしてみてください。

mercariconveniencemercariconvenience2mercariconvenience3

コンビニ払いの期限(期日)

購入時にコンビニ払いを選択した場合、2日後の午前0時までに
支払いを済ませなくてはいけないという期限があります。

例を挙げると12月1日午後5時に購入した場合、
期限は12月3日午前0時までとなります。

上記のケースですと実質31時間しか猶予はありませんね。

ただこの期限を過ぎたからといってシステム的に
自動キャンセルされることはありません。

あくまで出品者がこのルールに則って取引をキャンセルしない限り、
コンビニ払いは有効なので遅れそうな場合は前もって相談しましょう。

コンビニ払いの手数料

コンビニ払いには商品の購入代金にプラスして100円の手数料が発生します。

これは1つの商品につき100円プラスされるので
他の出品者から購入した場合や、

同じ出品者であっても別の出品物を購入した場合は
その都度 100円が加算されます。

少ないお小遣いの中から購入する中高生には地味に痛い金額ですが、
この点は事前に把握しておきたいものです。

メルカリのコンビニ支払いに関する解説は以上になります。

スポンサードリンク