SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

アプリMERYのダウンロード(インストール)について 11月21日復活!

2017年8月3日、とある会社の設立発表が日本中の女子達を歓喜させました。

それはDeNAと小学館の共同出資による「株式会社MERY」設立の発表です。

MERY[メリー]- 女の子のためのファッション情報アプリ

MERY[メリー]- 女の子のためのファッション情報アプリ
開発元:株式会社MERY
無料

【追記】

2017年11月21日に復活しました!

人気記事

 

2016年12月、健康情報サイトのWELQが大炎上したことをきっかけに
MERYの記事や画像にも問題があることが明るみとなり急遽、非公開に…

“MERY難民”“MERYロス” という言葉が誕生するほど女の子たちから
熱狂的に支持されていたMERYが遂に復活する運びとなりました。

ただ本記事を執筆している現在、App StoreやGoogle Playで
MERYと検索してもまだMERYがヒットすることはありません。

同系統のアプリとしてローリエプレスやMARBLE、Locariなどがヒットする状況です。

それもそのはずで担当者の発表によるとどうやら
MERYの再開はあくまで年内を目処にしているようです。

MERYの記事が全記事非公開化されたのが2016年12月上旬でしたので、
再開はちょうど1年の期間を経た2017年12月辺りになるのではないでしょうか。

新MERYはこれまでのMERYで公開されていた記事は一切使用しないと明言しているので、
ある程度サイト(アプリ)を充実させるのに3〜4ヶ月位は必要になりそうです。

アプリが正式にリリースされた際には改めて追記いたしますね。

今後のMERYについて

ここからは復活が発表された新MERYについて個人的見解を綴りたいと思います。

小学館に期待

新MERYの記事作成や編集は出版大手の小学館が担当するとアナウンスされています。

小学館といえば創刊30周年を超えるファッション誌CanCamを手掛けているので、
MERYのユーザー層にもぴったりかと思われます。


これまでのMERYの記事はインターン生が多数投稿していたと言われていますが、
プロの編集でより読み応えのある記事や特集が期待できそうです。

未解決の補償

こちらは懸念点なのですが、旧MERYで被害を被った方々への
迷惑料の支払いはまだ終わっていないと言われています。

新会社の株式会社MERYではこれらの問題は取り扱わず、
旧MERYの運営会社である株式会社ペロリが引き続き対処するようです。

これが火種となって既に論争が巻き起こりつつあるので、
新MERYに進んでモデルさん達が登場するのか心配ではあります…

上記で言及したようにMERYの再開が2017年12月付近になるのであれば、
それまでにはなんとか過去の問題を収束していただきたいですね。

人気記事