SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

アプリP-GO SEARCH(ピーゴーサーチ)の使い方:危険性やエラー時の対処法等

pgosearch

ポケモンの出現場所を地図上に表示できるサービスとして
ポケモンGOユーザーの間で話題になっていた「ポケビジョン」と
「ポケウェア」がサービス停止中となっています。

人気記事

 

その代わりとなるサービスとして注目を集めているのが、
日本製アプリの「P-GO SEARCH(ピーゴーサーチ)」です。

海外のサービスが続々と停止されている中どういった仕組みで
ポケモンを表示させているのか具体的に公表はされていないのですが、
ルート化した端末でGPSを操作して諸々のデータを読み取っていそうです。

スポンサードリンク

ピーゴーサーチの使い方

それではここからは仕組み云々は一旦脇に置いて使い方の解説に移ります。

ピーゴーサーチは先行してAndroid版のみがリリースされている状況でしたが、
現在ではiPhone版も登場しています。

【※追記※】

Android版は現在配信停止中のため、サイト版をご活用ください。

P-GO SEARCH

P-GO SEARCH

アプリをダウンロードし起動したらまずは画面右上のGPSを
タップし位置情報の利用を許可しましょう。

pgosearch2pgosearch3最初に表示される現在地周辺はおよそ周囲3kmとなっているので、
細かい調整は縮小(ピンチイン)拡大(ピンチアウト)で行ってください。

調整を終えたら画面左上の捜索開始をタップしましょう。

pgosearch4捜索が開始されると画面上中央のメッセージが「捜索中です…」と表示されます。

pgosearch5この次に表示されるメッセージとしては、

「一部のみ捜索完了」「捜索未完了」「発見できませんでした」

の3パターンのメッセージが表示されることが確認されています。

これらが表示されるまでには20秒~30秒程の時間が掛かるので、
すぐに表示されなくてもエラーというわけではありません。

※どうしても表示されない場合はアプリではなくサイト版にアクセスしてみてください。

「捜索未完了」「発見できませんでした」と表示された場合は、
地図の位置を動かして再度、捜索開始をタップしてみてください。

地図上に表示されたポケモンの真下には、

青色・緑色・黄緑色・橙色・赤色のカラーが表示されており、

赤色に近づくほど残りの消滅時間が短くなっています。

pgosearch9

具体的な消滅時間はポケモンをタップすると表示されます。

pgosearch8(徒歩で掛かるおおよその時間を示してくれるのはありがたいですね!)

ちなみにポケモンが一部しか表示されないことに疑問を感じる方がいると思うのですが、
それが運営元にサービスを停止させられない秘訣なのではと管理人は予想しています。

特定のポケモンだけを表示させる

自分が探しているポケモンだけを地図上に表示させるには、
画面左下の「設定」をタップし一度「すべて解除」を選択しましょう。

pgosearch6pgosearch7それから意中のポケモンだけをタップし捜索を開始するようにしてください。

ピーゴーサーチは安全か?

管理人は当初、AppStoreにリリースされているピーゴーサーチは
偽アプリで危険なのではないかと疑っていました。

というのも先にリリースされたAndroid版の開発者が
「kukusama」と記載されているのに対し、AppStore上では
「Aki Ueno」と個人名が記載されていたからです。

しかしピーゴーサーチの公式サイトを確認してみると個人として
運営しているようだったのでサイト名と個人名の表記違いにすぎないようです。

その他の関心事項としては位置情報の取り扱いが挙げられると思うのですが、
こちらはアプリを使用して1分以内にデータが削除される仕組みで
サーバー側で情報が保存される心配は無いとのことです。

個人サイトながらプライバシーポリシーもしっかりと
用意されているので安心度は高いと思われます。

ただ個人が運営しているサービスなだけにユーザー数が激増した場合は、
サーバーへの負荷でいつストップしても不思議ではありません。

その点だけはあらかじめ承知の上、同サービスをご活用ください。

【P-GO SEARCH】プッシュ通知の設定と通知がこない時の対処法

P-GO SEARCHが更新未完了のエラーで使えない時の対処方法

ピーゴーサーチに関する解説は以上になります。

スポンサードリンク