SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

Twitterのライブ機能Periscope(ペリスコープ)とは

Twitterの公式アプリにて日常的にツイートを行っている方は
「ライブ」という項目が追加されたことにお気付きだと思います。

periscope3

試しにこちらをタップしてみると下記のような案内が表示されます。

【Periscopeを使ってTwitterフォロワーにライブ放送を配信できます】

periscope2

※こちらの機能の詳しい使い方については下記をご参照ください

Periscope(ペリスコープ)の使い方-配信のやり方や録画保存・コメント等

ペリスコープとは英語で潜望鏡を意味する言葉で潜水艦の中から
海の上を見渡す時なんかに利用されています。

確かにアプリのアイコンは海の上からひょっこりと潜望鏡が
姿を現したかわいらしいアイコンに仕上がっています。

ライブ放送ということで大多数の方がツイキャスのようなアプリを
連想されると思うのですが、そう解釈していただいてほぼ問題ありません。

スポンサードリンク

ペリスコープとツイキャスとの違い

ツイキャスとの違いをいくつかご紹介すると
まず配信時間に制約がありません。

ツイキャスはコインという無料のアイテム5枚で延長できるのですが、
視聴者数が少ないとなかなか貯まらないという側面があります。

しかしペリスコープは文字通り無制限に配信ができるので、
途中で枠が切れる心配がないというわけです。

またライブ終了後に配信し終わった動画をカメラロールに
即座に保存できるというのも魅力の一つだと思います。

smartphone33

(※容量の関係で保存できない場合もあります)

今度は逆にツイキャスとの比較でいくつかデメリットを挙げてみると、
他人の放送を見に行った直後に自分のアカウント名が画面に表示される
(全員に知られる)という点が挙げられます。

ツイキャス用語の一つにコメントを打たずに黙って閲覧する
「もぐりん」という言葉が存在するのですが、ペリスコープでは
誰が潜っているのかが一目瞭然というわけです。

また設定の切り替えは可能なのですが、位置情報がオンになっている場合、
現在配信中の住所が地図と一緒に視聴者側に知られてしまうという危険性もあります。

stalker

この辺は特に放送に顔を映している女性は注意したいものです。

ペリスコープは日本で流行るか!?

ここからは少しトピックを変更してペリスコープによるライブ放送が
日本で一般的になるかどうかについて個人的な見解を述べたいと思います。

結論から申し上げると間違いなく浸透すると考えています。

その理由ですが、

ツイキャスの登録ユーザー数が2015年時点で1000万人というデータがあるのに対し、
Twitterは国内のアクティブユーザー数が3500万人となっているためです。

それらのユーザーがツイート画面を開いた際にペリスコープの
ダウンロードを促されるので瞬く間に認知度が上昇するはずです。

一般的なイメージとしてニコ生はどこかアングラな感じで、
ツイキャスは中高生などの若者向けというイメージが根強いと思うのですが、

nicocas

「Periscope」はそのどれにも当てはまらないライブ配信サービスとして
世界的にはもちろん日本国内でもムーブメントになると予想しています。

実際に海外ではファション業界やスポーツ業界、音楽業界などから
注目され始めていますし、ゆくゆくはジャーナリスト的な観点からも
貴重な配信サービスに育ちそうです。

なにより「今」「どこで」「何が」のリアルタイム性がコンセプトである
Twitterとの相性は本当に抜群だと思いますので今後の成長に期待です。

以上はあくまで個人的な所感に過ぎませんが、サービス開始から1周年で
あっさりと累計放送回数2億回を突破しているのは驚異的だと思います。

Periscope(ペリスコープ)の使い方-配信のやり方や録画保存・コメント等

ということでこの後、管理人も仲間内でひっそりとペリスコープをやる予定です。

スポンサードリンク