SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

Photomathフォトマスの使い方!因数分解や微分積分も【数学計算アプリ】

数学の先生がお手上げになってしまいそうな
数学計算アプリをご存知でしょうか?

スマホで数式を撮影するだけであっという間に解答が表示され、
途中式まで出してくれるという優れものなのが「Photomath」です。

photomath数学の宿題にホトホトうんざりしている生徒にはまさに神アプリですが、
依存し過ぎちゃうと本番のテストではヤバイかもですね(汗)

※未対応の数式はキーボード入力する必要があります。

ということでここからは数学を勉強する際の補助的な役割として、
フォトマスを活用する方法について解説していきます。

それでは早速!

フォトマスの基本的な使い方

アプリを起動して最初のチュートリアルで説明があるのですが、
フォトマスは手書きの文字には対応していません。

しかしプリントに記載された数式やパソコン画面の数式は
しっかりと読み取ってくれます。

スポンサードリンク

それでは試しに因数分解を解いてみましょう。

カメラモードであることを確認したら長方形の枠内に
数式が収まるよう画面を調整します。

photomath2数式の読み取りが終わると画面の下側にフォトマスが読み取った
数式を白色で、その解答を赤色で表示してくれます。

photomath3この時、フォトマスが読み取った数式に誤りがある場合は
鉛筆のマークをタップすることで自分で修正する事ができます。

また全てがすべてではないのですが、赤色の解答をタップすると
「解法の手順」を表示してくれる場合もあります。

もし計算の途中プロセスが分からない場合は活用してみてください。

キーボード編

本当はあらゆる数式がカメラで撮影して計算できると良いのですが、
なかには未対応な数式に出くわすこともあると思います。

そんな時はフォトマスのキーボード機能を利用してみましょう。

まずは画面上部で入力モードを「キーボード」に切り替えます。

photomath4あとは算数の問題を入力という箇所に計算したい
数式を入力していくという手順になります。

photomath5今回は使用頻度が高くかつどこにあるのか分かりづらい記号、
積分のインテグラルについて簡単にご説明いたします。

インテグラルはキーボードの左下「」をタップすることで
表示させることができます。

photomath6photomath7」内にはインテグラルのみならずサイン・コサイン・タンジェントや
自然対数のエクスポネンシャル記号まで用意されているので、
見当たらない記号があった時はここから探すようにしてみてください。

ちなみにインテグラルを長押しすることでもう一種類、
入力タイプを追加することも可能です。

photomath8

編集後記

フォトマスの基本的な使い方は以上になります。

本記事を執筆している現在、フォトマスに広告は掲載されておらず
とても画面が見やすいのもグッドだと感じました。

近年、IT業界ではエデュテックといってIT技術を教育分野に活かすことに
注目が集まっていますが、今回ご紹介したフォトマスもある意味では
エデュテックの一つの形なのかもしれませんね。

将来的には解法の手順(途中式)が表示されるページに
動画の詳しいレッスンが登場するのを期待したいものです。

スポンサードリンク