SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

アプリPrismaの画像を自動保存する方法と動画撮影について

Googleの関連会社が開発した囲碁AIのアルファ碁が
世界のトップ棋士を打ち破ったニュースは記憶に新しいですが、
画像加工の分野にまでAIが活用されるとは思ってもみませんでした。

人口知能を活用した加工アプリの「Prisma」

prisma

何気ない風景や自宅のペットの写真が一瞬でプロの画家が描いたような
絵画風に加工されるとあってネット上ではかなり話題になっています。

でここからが本題になるのですが、Prismaで加工したのは良いものの
保存方法がいまいち分かりくいとお困りの方がいらっしゃるようです。

加工後の保存手順をご説明するとインスタやFacebookのアイコンと並んで
上向きの矢印マークがあるのでまずはそちらをタップしてください。

prisma6そうすると「Save Image」もしくは「画像を保存」という
選択肢が表示されるのでそちらから保存することができます。

prisma7もし手動で保存するのが手間だという方は設定で自動保存に
切り替えることも可能です。

撮影前(加工前)の画面に表示されている歯車のマークをタップし
「Save Artworks Automatically」という項目をオンにしましょう。

prisma13最後に設定の変更を保存する「Done」をお忘れなく!

Prismaで動画を撮影することはできる?

ここからはテーマを変えてPrismaの動画撮影について。

結論から申し上げると現在、Prismaは静止画撮影のみ可能で
動画での撮影には対応していません。

しかしパラパラ漫画のような仕組みで連番画像を一つひとつPrismaで加工し、
動画作成アプリで繋ぎ合わせたらまるでPrismaが動画対応したかのような
絵画風のムービーが完成すると思われます。

こちらに関してはいずれどなたかがYouTubeやTwitterなどに
投稿すると思うのですが、その時は大いに拡散されそうですね。

本当は連番画像などを用意しなくても動画にフィルターを
かけられるとよいのですが、そこはまだ時期尚早でしょうか(汗)

以上、Prismaの保存方法と動画事情でした。

スポンサードリンク