SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

リアルタイムポケサーチの使い方やBANの危険性について解説

pokesearch

ポケモンGO関連の地図アプリには類似の名称が多いのですが、
今回ご紹介するのは「リアルタイムポケサーチ」というアプリです。

スポンサードリンク

サイバーエージェントが運営するゲーム攻略コミュニティGAMY内に
「ポケサーチ」と呼ばれるWeb版のサービスが存在するのですが、
そちらとは無関係でRenge Miyauchiさんという個人が手掛けるアプリになります。

ここからはそんな同アプリの基本的な使い方から評判や
安全性について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

リアルタイムポケサーチの使い方

まずはAppStoreにアクセスしてアプリをダウンロードしましょう。

※本記事を執筆している現在、Android版は存在していない模様です。

ダウンロードが完了しアプリを起動したら位置情報の
利用許可を求められるので「許可」を選択してください。

pokesearch2これで現在地周辺に出現しているポケモンを地図上に表示することができます。

pokesearch3

もし現在地以外に他県などその他の地域の出現情報を調べたい時は、
検索欄に詳しく住所を入力して検索をタップしてください。

pokesearch4入力例を挙げると「東京都渋谷区代々木」といった感じですね。

ちなみに検索をタップしてからポケモンが表示されるまで30秒間掛かる
仕様なのですぐに表示されなくてもバグではないのでご安心ください。

特定のポケモンだけを表示させる

地域によっては地図上に大量のポケモンが表示されることがあり、
お目当てのポケモンを見つけにくいというケースがあると思います。

そんな方におすすめなのが画面左上に用意されているフィルター機能です。

pokesearch6初期設定では全てのポケモンに✓マークが入っているので、
一旦「なし」を選択して全ての✓マークを外し続いて地図上に
表示したいポケモンにだけ✓を入れるようにしましょう。

pokesearch7

これで効率的に図鑑のコンプリートを目指すことができます。

ポケモンが消滅する時間

現在出現しているポケモンは上記の手順で確認できるのですが、
その場所に訪れた時にまだ出現しているという保証はありません。

ですからそのポケモンが出現していられる残り時間を
事前に調べておくことが欠かせません。

こちらの方法に関しては対象のポケモンをタップすることで
「□□□あと◯:◯◯」という具合に表示してくれます。

pokesearch5現在地から少し離れているという時は移動に掛かる時間と
消滅までの残り時間を天秤にかけながら今から向っても
間に合うかどうか判断していただければと思います。

リアルタイムポケサーチの仕組みと危険性

ここからは同アプリの仕組みや安全性について言及いたします。

まず気になるのがどのような仕組みを採用して地図上にポケモンを
表示させているのかですが、開発者が企業ではなく個人という点から
他サービスのデータを経由しているのではないかと考えられます。

これは同じくポケモンGO関連の地図アプリとして人気を集めている
P-GO SEARCHがまさにそうだったのですが、

P-GOの場合は海外のSkipLaggedというサービスや国内のポケタンの
データを利用していることが明らかになっています。

P-GOの地図上に各種サービス名が突如表示されたことで発覚しました。

pokesearch8
pokesearch9
リアルタイムポケサーチがこれらのデータを利用しているかは
定かではないのですが、同じような現象が起きたら黒ですね(笑)

ちなみにP-GOはこの一件が発覚してからも正常に機能しているので、
リアルタイムポケサーチも当分は使用可能だと思われます。

実際にダウンロードして使用したユーザーの評判は上々で、
これまでの地図アプリの中で最も使い勝手が良いという声もあるので
アクセス過多でP-GOが使えない時の代わりとしてもおすすめです。

BANの危険性については下記の記事で以前取り上げたのですが、
P-GOと同じ仕組みであればそこまで心配する必要はなさそうです。

P-GO SEARCHはBAN(アカウント停止)対象で危ない?

また本記事の執筆にあたり改めて両アプリのレビューを
チェックしてみたのですが、BANの被害にあったという声は
見当たらなかったので個人的には安心して利用しています。

唯一考えられるリスクはAppStoreから削除されてしまうことですが、
二つのアプリが同時に消えない場合はうまく使い分けられそうです。

今後、ポケGOユーザーの間で必須アプリになるであろう
「リアルタイムポケサーチ」に関する解説は以上になります。

スポンサードリンク