SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

Snapchatの動画で逆再生や早送りスローモーションを行う方法

Snapchat

最近、次々と新しい機能がリリースされるので
使っていて飽きないのが「Snapchat」です。(通称:スナチャ)

スポンサードリンク

送った画像や動画が10秒以内に自動的に消えるという
元々のコンセプトがしっかりしているので、既存の機能と
組み合わさっても楽しく使えるんですよね。

で最近登場したのがカメラアプリでよくみられる、

「逆再生(巻き戻し)」

「早送り」

「スローモーション」

の3つの機能です。

ということで今回はこの3つの機能の使い方について
解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

逆再生(巻き戻し)

まずは個人的にも最もおすすめの機能で、
一般的にも人気な逆再生機能の使い方から。

撮影画面の◯ボタンを長押しすることで最大
10秒間の動画を撮ることができます。

snapdouga動画を撮り終えたら画面を右向きにスワイプします。

snapdouga2すると左向きの三角が3つ連なったような
フィルターが表示されると思います。

こちらが動画の逆再生フィルターです。

snapdouga3場合によっては登場するフィルターの順番が違うかもしれませんが、
どんどん右向きにスワイプしていただくことで表示されるはずです。

あとは送り先を選んで友達に送ったり、カメラロールに保存して
Twitterなどに投稿してみるのも良いでしょう。

早送り

続いて早送り機能の使い方です。

動画を撮影してフィルターを表示する過程までは
先にご紹介した方法と同じになります。

あとはフィルターを「うさぎ」のマークのものを
選ぶようにしてください。

snapdouga4駆け足で今にもぴょんぴょんと跳ね回り出しそうな
うさぎですね 笑

早送りを連想させる動物としてはぴったりかもしれません。

ちなみに早送りの速度ですが、体感としては
1.5倍~2倍速くらいかなと感じています。

この速さも調節できたら嬉しいのですが、
そこまでは対応していないようです。

スローモーション

最後にご紹介するのがスロモーション機能です。

撮影した動画を今よりもゆっくり再生させたい場合は、
「かたつむり」のフィルターを使うようにしてください。

snapdouga5こちらは体感的に0.5倍速くらいかなと感じています。

それにしても動物の絵を使うことでどんな機能なのか
直感的に分かりやすいのが良いですよね。

今やスナップチャットは世界中に広がりを見せつつありますから、
言葉による説明より易しいなと思った次第です。

この機能でどんな楽しみ方ができそう!?

これらの機能で一番用途があるのは、やはり逆再生だと思います。

食事をしている風景を動画で撮って巻き戻してみると
それはそれは異様な光景が撮れますし(苦笑)

何か物を落とすシーンを逆再生したら、さも重力に逆らって
手に吸い寄せられるような摩訶不思議な動画が撮れてしまいます。

またちょっと高い所からジャンプして着地するシーンを
逆再生してみるのも面白いかもしれませんね。

その他にもありそうでなかったユニークな使い方を
発見したら折を見て取り上げたいと思います。

Snapchatはフレンド絵文字の意味で親密度が分かる!

スナップチャットの逆再生・早送り・スローモーションの解説は以上になります。

スポンサードリンク