SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

スマホに盗聴アプリが仕込まれる時代?発見方法や対策

最近はクローンiPhoneやAndroidアナライザーの悪用など、
第三者が知らぬ間にスマホを監視しているという
物騒な話題が飛び交っています…

スマホなんてプライバシーの全てが凝縮されたようなものですから、
自分の身にも同じことが起きていないかと想像するだけで
思わずギョッとしてしまいます。

スポンサードリンク

今回はスマホのプライバシー & セキュリティ問題の中でも
通話などの「盗聴」に絞って、そのおぞましい現状や
対策方法について解説していきたいと思います。

本来の目的から逸れた悪用が多い!

privacy冒頭でご紹介したAndroidアナライザーや
スマホが紛失した時に役立つ遠隔操作アプリ…

いずれも悪意ある第三者が本来の目的から逸れた用途で
使用することでわたし達のプライバシーは脅かされています。

スポンサードリンク

そしてスマホの盗聴に用いられるのが録音系の自動応答アプリです。

スマホの盗聴には位置情報の正確さに関与しているジャイロスコープを
利用したさながらスパイ映画のような本格的な技術も存在します。

しかしこちらは素人が扱えるような代物ではありませんし、
反対に素人が対策するのも困難を極めるでしょう。

それと比較すると録音系のアプリを用いた盗聴の
ハードルはかなり低いと言えそうです。

気になる手口ですが、その大半はこっそりと端末に
インストールするというアナログな手法のようです。

ですから顔見知りや身内が限りなく怪しいということですね。

盗聴アプリの有無を調べる確認方法

では自分のスマホに盗聴アプリが仕込まれていないか
実際に調べるにはどうしたらよいのでしょうか?

これはもうアナログにはアナログで対抗するということで、
スマホ内にインストールされてあるアプリを一つずつ
全部チェックすることをおすすめいたします。

spyappliアプリをジャンル別でフォルダ分けしているようであれば、
一見目に付きにくいこれらの場所は特に要注意です。

全く見に覚えのないようなアプリを見つけたら、
まずは起動せずにそのアプリ名を検索してみましょう。

それが録音系の自動応答アプリであればはからずもビンゴです(怖)

事前にできる対策や発見後の対処法

盗聴アプリの調べ方については上記でご説明した通りですが、
ここからはこれらを未然に防いだり、万が一発見した時の
対処法についてご紹介していきたいと思います。

① パスコードは必須

まず基本中の基本は端末にパスを掛けておくことに尽きます。

kagi1そして自動ロックの時間も面倒だとは思いますが、
できるだけ短時間に設定しておきましょう。

身近な人に容易に連想されてしまうパスや
使い回しのパスも避けたいところです。

またパス繋がりで気を付けたいのが、AppStoreやGoogle Playなどの
パスも安易に誰かに教えるのは止めておきたいものです。

② 公式ストア以外のアプリを入れない

脱獄系のアプリには本来の用途を超えた魅力的なものが
あるのも確かです。

appstoreただそれ相応のリスクが付きものですからAppStoreや
Google Play以外のサイトを利用するのは止めておきましょう。

③ 端末を初期化する

こちらは実際に疑わしきアプリを発見した時の対処法です。

盗聴に関しては該当アプリをアンインストールすることで、
防げるはずですが、その他にも予期せぬものが
仕込まれている可能性も考えられます。

datsugoku

ですから万全に万全を期すにはスマホの初期化が
最も確実で安心な方法だと思われます。

スマホの盗聴に関しては身内や知人である可能性が高いので、
人間不信になりそうですが、個人情報を好き勝手にさせない為にも
本記事が参考になれば幸いです。

スポンサードリンク