SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

ツイキャスの閲覧数を増やす方法(水増しなし)

twitcasting2

ツイキャスで配信を行う目的は様々だと思うのですが、
ある程度の閲覧数がなくてはコメントの数も少なく
いまいち盛り上がりに欠けてしまいます。

そこで今回は水増しツールなどを使わずにツイキャスの
閲覧を増やす工夫についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

① カテゴリーを設定する

意外と侮れないのがカテゴリーの設定です。

これまでカテゴリーを設定していなかったという方は
必ず設定しておくことを推奨します。

カテゴリーを設定しているにも関わらず閲覧が伸び悩んでいるという方は
他の配信者(ライバル)が多すぎる、もしくは需要が少なくて
リスナーがあまり訪れないカテゴリーである可能性があります。

これを機に他のカテゴリーもチェックしてみてください。

② 時間帯

大手配信者の間では午後10時がゴールデンタイムと言われており
閲覧数が最も稼げる時間帯となっているのですが、
おすすめに載っていない場合は特に関係ありません。

むしろ配信者の少ない午前中の時間帯を狙うというのもありです。

これは某大手配信者がキャス主講座と銘打って放送していた内容なのですが、
夜間の仕事を終えて一息つきながら見ている人、通学の途中や
家事をしながら聞いている人が結構多いのだとか。

③ 枠周り

自分のことを知ってもらうきっかけ作りとして
枠周りはとても有効な方法です。

閲覧が一桁台の放送(枠)でコメントを行うと大体
「よかったら簡単に自己紹介をお願いします」と言われるので
自分が普段どのような配信をしているのかアピールしましょう。

そして3点セットも同時に行えば相手も枠に来てくれる可能性が高まります。

④ 企画・凸に上がる

上記で取り上げた枠周りに通じる部分があるのですが、
他の配信者が行っている企画・凸待ちに上がり何かしら印象を
残すことができたらリスナーがどっと流れてくることがあります。

企画の趣旨にもよりますが、大手配信者さんの中には
丁寧にアカウントまで紹介してくれる方もいるので
勇気を出してチャレンジしてみてください。

編集後記

ツイキャスの閲覧数を増やすための工夫は以上になるのですが、
やはり基本はリスナーさんを楽しませるというサービス精神が肝心です。

トーク力であったり企画力であったり声真似であったり、
自身の強みを磨いて固定リスナーを増やしたいものです。

スポンサードリンク