SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

【危険】Twitterは位置情報オフでも住所が特定される?

twitter5

TwitterではスマホのGPS機能を介して
位置情報を含めたツイートをすることができます。

旅行先で撮った写真ツイートに位置情報を付けると
旅の思い出として保存できますし、フォロワーさんには
どこで撮影したのかが分かって便利ですよね。

しかし自宅や勤務先の情報まで漏れてしまうのではと考えると、
この位置情報が途端に恐ろしいものに思えてきます。

スポンサードリンク

Exifから住所が特定!?

smartphone31

Twitterの位置情報の設定をオフにすれば
ツイートに位置情報が付加される心配はありません。

ですが、位置情報は思わぬところから漏れる
可能性があることをご存知でしょうか。

写真に含まれる「Exif」というデータに
聞き覚えがある方はすぐに思い当たるはずです。

数年前に話題になったパソコン遠隔操作事件の
ニュースでも度々話題になったこの「Exif」

Exifにはその写真を撮影した機種や撮影条件、
撮影した緯度や経度といった詳細な情報が含まれています。

そして、この緯度と経度の情報からその写真を撮影した
位置を簡単に割り出せるアプリやサイトが数多く存在します。

つまり自宅で撮った写真を迂闊にネット上にアップロードすると
見知らぬ人から自宅の位置を特定されてしまう危険があるのです。

気心の知れた友人ならばともかく不特定多数の知らない人間に
住所を特定されてしまうと思うと心底怖くなります。

スポンサードリンク

TwitterではEgifが自動削除される

ですが、Twitterにアップした写真から
位置を特定される心配はありません。

なぜならTwitter側で写真に含まれるExifを
自動で削除してくれるからです。

あなたが自宅で撮った写真をTwitter上に送信しても
他のユーザーがその画像のExifを見ることはできないのです。

そのためTwitterに送信した画像から住所が特定される心配はありません。

しかし、いくら自動削除されると言っても
心配になってしまう方もいると思います。

そんな方のためにそもそも写真にExifのデータが
含まれないようにする方法も以下で紹介します。

住所を特定されないための設定方法

caution4

Android編

Android版のTwitter公式アプリをご利用の方は設定の
「位置情報とプロキシ」から「位置情報」をオフにしてください。

これでTwitterでの位置情報の利用許可がオフになります。

iPhone編

iPhone版のTwitter公式アプリをお使いの方はまずは端末の設定から
「プライバシー」→「位置情報サービス」の順にお進みください。

twlocationinformation4twlocationinformationtwlocationinformation2

すると位置情報サービスを利用しているアプリの一覧が表示されるので
「Twitter」と「カメラ」の利用許可をオフにしておきましょう。

twlocationinformation3

これでTwitterに位置情報を利用される心配もないですし、
カメラで撮った写真にExifが残ることもありません。

TwitterがExifを削除してくれるとはいっても
万全の対策を行っておいた方がやはり安心できます。

住所特定に不安を感じる方はぜひ試してみてください。

編集後記

Twitterの位置情報に関する解説は以上になります。

あとは自宅周辺の特徴的な建物や風景の安易な投稿も
このご時世だとすぐに特定に繋がる可能性があるので
くれぐれも気を付けたいものです。

スポンサードリンク