SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

【Twitter】API制限の原因や解除までの時間、方法について

アンケート機能が搭載されたり、ふぁぼがいいねに
変更されたりと色々な施策が行われている「Twitter」

twitter2ところで本記事をご覧の皆さんは、Twitterを
公式アプリからお使いになっているでしょうか?

それともついっぷるやtwiccaなどの非公式アプリをお使いでしょうか。

以前から非公式アプリはAPI制限といってふぁぼの回数や、
DMの回数の上限が公式アプリより厳しいと言われていたのですが、

公式アプリでも「API呼び出しの回数制限を超えました」や
「現在、ツイートを取得できません」と制限を受ける
ユーザーが増え始めたようです。

具体的な原因としては、上記で触れたものも含めると

①ツイート ②リツイート ③フォロー ④いいね ⑤DM

などを短時間で多く行ってしまった場合に制限が掛かるようです。

非公式アプリでは制限の目安を案内しているものもあり、
15分間に15ツイートした場合に制限が掛かるという事例もあります。

公式アプリの制限の目安は定かではありませんが、
一つの基準として参考になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

解決方法は時間が経つのを待つしかない?

最も確実な解除方法は所定の時間をやり過ごすことですが、
何時間経過で解除されるかは明確には決まっていないようです。
(最短で15分で解除されたという声もあります。)

smartphone9

ツイートのし過ぎだったり、フォローのし過ぎだったり、
制限を受けた操作によっても異なるのでしょうね。

ただこの制限の回避方法が全く無いわけではありません。

公式アプリで制限を受けたら、ついっぷるを使ってみる、
ついっぷるで制限を受けたら公式アプリを使ってみるという具合に
クライアントアプリを切り替えてTwitterを利用してみましょう。

パソコンをお持ちの方はブラウザからTwitterに
アクセスするという方法も考えられます。

あくまでアカウント単位の規制でない限りは、
この方法でその場しのぎができると思います。

解除までの具体的な時間など、詳しい情報が入りましたら追記いたしますね。

TwitterのAPI制限の原因や解決方法は以上になります。

スポンサードリンク