SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

Twitterのブロックリストの見方(確認)や他人との共有方法

twitter2

特定のユーザーをブロックするとそのユーザーからの
フォローを外すことができます。

その他にもフォロー外からツイートを見るのを防ぐこともできますし、
勝手にリストに追加されたりDMのやり取りもできなくなります。

スポンサードリンク

スパムアカウントなど迷惑なアカウントの対策に役立つブロック機能ですが、
繰り返していると誰をブロックしたのか分からなくなりますよね。

Twitterにはこれまでブロックしたアカウントを
確認できるブロックリストがあります。

また、このリストは他人と共有することも可能なので
迷惑なアカウントを他のユーザーと共有することで
迷惑アカウントとの関わりを未然に防ぐという使い方もできます。

今回はブロックリストの確認方法と共有方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

ブロックリストの確認方法

まずはプロフィール画面の歯車マークをタップします。

twitterblockist

続いて「設定」を選択し「プライバシーとセキュリティ」へとお進みください。

twitterblockist2twitterblockist3

そうすると「ブロックしたアカウント」という項目があるので、
こちらから過去にブロックしたユーザーを一覧で確認することできます。

twitterblockist4

ブロックを解除したい場合はアカウント横の
ブロックアイコンをタップすることで解除できます。

twitterblockist5

右の「インポート済み」の欄は他のユーザーのブロックリストを
共有した際に表示されるので、後述する共有方法を試した際に
ここから共有できているかを確認してみてください。

twitterblockist6

ブロックリストの共有方法

アプリではブロックリストを共有することはできません。

共有するにはPCからTwitterにアクセスしブロックリストを
CSVファイルとしてエクスポートする必要があります。

ここでは自分のブロックリストをエクスポートする方法と
他のユーザーのブロックリストをインポートする方法を紹介します。

ブロックリストをエクスポートする方法

まずPCのブラウザからTwitterにログインします。

まずは右上のプロフィールアイコンから「設定」をクリックしてください。

twitterblockist7

画面左側のメニューから「ブロックしたアカウント」を
クリックするとブロックリストが表示されます。

twitterblockist8

続いて「詳細設定オプション」をクリックし
「リストをエクスポート」を選択してください。

twitterblockist9

するとエクスポートしたいアカウントの選択画面が表示されます。

初期状態ではすべてのアカウントにチェックが入っています。

リストの一部のみをエクスポートしたいときは
ここでチェックの付替えをしてください。

エクスポートしたいアカウントを選択したら
「エクスポート」をクリックします。

twitterblockist10

CSVファイルのダウンロードが完了したらエクスポート成功です。

他のユーザーと共有するにはCSVファイルをメールや
ファイル共有ソフトなどで送信してください。

ブロックリストをインポートする方法

まずは他のユーザーからブロックリストを送ってもらう必要があります。

メールやファイル共有ソフトを駆使してCSVファイルを入手してください。

入手したらPCからTwitterにログインし設定画面を表示します。

設定メニューから「ブロックしたアカウント」をクリックすると
ブロックリストが表示されます。

twitterblockist11

続いて「詳細設定オプション」から「リストをインポート」を選択してください。

twitterblockist12

CSVファイルのアップロード画面が表示されるので
「アップロードするファイルを添付」をクリックしてください。

PCに保存したCSVファイルを添付し「プレビュー」をクリックします。

ファイルに保存されているブロックリストが表示されますので、
リストの一部のみをブロックしたい場合はチェックの付け外しを行ってください。

ちなみに自分がすでにフォローしているアカウントがリストに
含まれていると自動的にチェックが外れた状態になっています。

ブロックしたいアカウントを選択し終えたら
「ブロック」をクリックしてください。

これでインポートが完了です。

きちんとインポートできたか気になる方はブロックリストの
「インポート済み」欄にリストが追加されているかで確認してみてください。

Twitterのブロックリストに関する解説は以上になります。

スポンサードリンク