SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

ツイッターでブロックしたりされるとどうなる?通知で相手にわかる?

block

迷惑ユーザーに対して行う処置としてSNSサービスに
外せないものとなっているのが、ブロック機能です。

スポンサードリンク

当然ながらTwitterにもブロック機能は存在しています。

今回は自分がブロックした際や、
反対にブロックされた場合にどうなるかについて
紹介いたしますね。

【自分がブロックした場合】

①相互フォローであっても片思いフォローであってもフォローが解除される
(ブロック自体はフォローしていなくても可能)

自分がフォローしている場合はタイムラインに
相手のツイートがながれることはなくなりますし、

相手がフォローしている場合は自分のツイートが
相手のタイムラインに表示されることはなくなります。

②相手からのリプライが@ツイートタブに非表示となる

@ツイートタブとはTwitterの通知内にあります

block3

③ブロック相手のツイートを自分のフォロワーが
リツイートしてもタイムラインには表示されない

スポンサードリンク

【相手からブロックされた場合】

①自分がフォローしていた場合は、フォローが強制解除される

②相手をフォローできない

ブロックされているのでこのユーザーを
フォローすることができません
と表示されます。

③相手を新規でリストに追加できない

この操作は許可されていない可能性があります
と表示されてしまいます。

④相手のツイートに対してRTやお気に入りができなくなる

block5

➄相手を画像にタグ付できなくなる

ブロックした時された時の状況は以上になります。

ブロック自体は自分が行っても相手からされても
特別に通知が届いたりはしません。

しかし上記で紹介してきた特徴からブロックをしたこと
相手からブロックされた事は分かってしまう為、

身近な存在に対してはミュート機能を
使うことを推奨いたします。

日常で顔を合わせるような相手の場合は
不穏な空気が流れかねませんからね^^;

ブロックはあからさまな迷惑ユーザーに対して
行うようにしたいですね。

スポンサードリンク