SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

Twitterに30秒以上の動画は投稿できない?上限は何秒?

公式アプリから気軽に動画を投稿できるようになったことから、
以前よりも遥かに拡散を行う機会が増えたように思います。

「 Twitter 」

twitter2管理人が最近、思わずリツイートしてしまったのは
高校生が校舎の窓から投げた紙飛行機がグルっと一周して
元の場所まで戻ってきた動画です。

その他にも小学生のバスケの試合でラスト1秒で起きた
驚きの逆転劇だったり本当にすごい動画が溢れています。

そんな私たちを楽しませてくれるTwitter動画ですが、
多くの方がご存知のように時間は最長で30秒までとなっています。

※最新バージョンにて140秒まで延長されました

これはサーバーへの負荷を考慮しているのと同時に、
Twitterが1回のツイートに140文字の制限を設けているのと
同じような意味合いがあるのかなと考えています。

スポンサードリンク

ただ本記事をご覧になっている方の中には、
今までに30秒を超える動画を見た記憶があるのだけれど…
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実はこれには理由があって、それらの動画(投稿)はいずれも
Twitterのプロモツイートという広告枠を利用したものなんです。

ツイートの下側にプロモーションという記載があるものですね。

30douga
こちらのプロモツイート以外で30秒以上の動画があるとするなら、
それはYouTubeなどの動画先URLをツイートしたものだと思われます。

ただこれらの外部の動画は以前と違ってサムネイルが表示されず、
URLしか表示されないので見間違える可能性は少ないはずですが。

Twitterの仕様上30秒以上の動画はどうしても投稿できないのですが、

・渾身の動画が30秒を超えてしまった

・30秒以上だけれどすごく拡散されそう

といった時はYouTubeなどにアップして
そのURLをツイートするようにしてみて下さい。

個人的には制限時間は1分くらいあっても良いように思いますが、
あまりに長いとウケないのかもしれませんね(汗)

Twitterの動画が見れない再生できない時の対処方法

今後、Twitterの方針が変更されるようであればご報告いたしますね。

スポンサードリンク