SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

ツイッターのミュート機能使い方!相手には通知で確認されてバレる?

mute

2014年5月よりTwitterに新たに導入された「ミュート機能」

スポンサードリンク

ミュート機能とはフォローしたのだけれど、
ちょっとツイート数が多くてタイムラインが荒れる

知人という手前仕方なくフォロバしたものの
ツイートまで見たくはない…etc

といった時にブロックは少し気が引けるけれども
タイムライン上で非表示にできる機能です。

ブロックは確認によっては相手から露骨に分かりますから、
やはり良い気はしませんよね。

今回はそんなミュート機能に関してご紹介です!

スポンサードリンク

ミュート機能の使い方

ミュートの設定

ミュートしたい相手のTwitter画面にいき
歯車のボタンを押すと@◯◯さんをミュートという
表示を確認することが出来ます。

mute2

このミュートを選択すると下図のようなマークが表示され
今後タイムライン上にツイートが表示されなくなります。

mute3

ミュートの解除方法

ミュートの設定をしたもののやっぱり解除したいと
思った場合はミュートマークを押すことで解除できます。

【解除前】
mute3

【解除後】
mute4

ミュート相手のリツイートやDMはどうなるの?

mute5

ちなみにミュートを行うとその相手が行ったリツイートも
タイムライン上に表示されなくなります。

ですからやたらRTをする方に対しても効果的な
機能といえるかもですね^^;

DM(ダイレクトメッセージ)はミュートをしていても
無事に相手から届きこちらからも通常通り送ることが出来ます。

ミュートしたことは相手にバレるのか!?

ミュートが結構便利な機能であることは
説明から分かって頂けたと思いますが、
やはり気になるのは相手にバレないか?
ですよね…

なんでもこの機能が登場した当初はミュート通知という
言葉が一人歩きをし、相手にミュートした事が通知で
伝わるという誤報が蔓延したそうです^^;

ですが当然ながら通知が送られ相手に
ミュートがばれるといったことはなく、
ブロックのように相手にバレる表示もありません

mute6

ですから安心してミュート機能を
お使い頂ければと思います。

【最新情報】Twitterで相手がミュートしているか調べる方法

以上、参考になれば幸いです。

スポンサードリンク