SNS・アプリの使い方ガイド

各種SNSやアプリの使い方を解説しています。

*

ヤフオクの領収書の書き方!かんたん決済や個人出品のケースも解説

yahooauctionメルカリの登場によりシェアを奪われている感はありますが、
ネットオークションといえばやはり「ヤフオク」という方は未だに根強いです。

個人で制作した物を売ったり不用品を処分したりと使い方は
人それぞれですが、代金をもらう以上領収書の発行を
迫られる可能性については常に考えておかなければなりません。

そこで今回はヤフオクでの領収書の書き方についてご紹介します。

スポンサードリンク

領収書を別途発行する必要は基本的になし!

receipt

ヤフオクを利用していて領収書を求められることは正直めったにありません。

というのも、普通は支払明細などが領収書の役割を果たしてくれるからです。

領収書の役割とは

「どんな商品を購入するためにいくら使ったか」

を証明することにあります。

そのため、それが証明できるものが他にあるのであれば
出品者がわざわざ領収書を発行する必要はないのです。

各支払い方法の領収書の代わりになるものは以下の通り。

銀行振込 → 振込の支払明細書

代引き → 配達業者が渡してくれる領収書

ネットバンキング → ネットバンクの利用明細

クレジットカード → クレジットカードの利用明細

かんたん決済のメインとして使われるネットバンキングや
クレジットカードのようなネット上に明細が残るタイプでも
自分で印刷することで領収書の代わりとして使えます。

落札者から領収書の発行を求められた場合は
まずこちらの書類が領収書の代わりになることを示し、
別途発行の必要がないことを伝えましょう。

落札者から求められた場合は領収書発行の義務あり

kewashii

明細書の代わりがあることを伝えても尚、発行を求められた場合は
残念ながら別途領収書を発行する義務が生じます。

領収書の発行義務は民法によって定められているので断ることは出来ません。

ヤフオクでの出品を生業としているわけではない
個人出品だとしても例外ではありません。

もちろん、かんたん決済を利用していても発行の義務があります。

落札者から領収書の発行を強く求められたら
領収書を作成して出品物に同封しましょう。

領収書の書き方

receipt2

領収書は100円ショップなどで市販されています。

また、領収書のフォーマットがネット上で配布されているので
ワードやエクセルを使って印刷することでも手に入れることができます。

領収書を手に入れたら必要な情報を書いていきましょう。

記載する内容は相手先によって変わるので、
事前によく打ち合わせをして情報を確認しておきましょう。

日付

calendar

領収書の日付はお金を領収した日付ではなく領収書を発行した日付です。

領収書を書いたその日の日付を書いておけば基本的に問題ありません。

宛名

宛名は落札者の名前を書きます。

個人であれば氏名で問題ありませんが会社の場合は社名を書きます。

社名を書く場合は有限会社なのか株式会社なのか
また、株式会社であれば前株なのか後株なのかを
事前に落札者に確認して記載しましょう。

金額

受け取った金額を記載します。

先頭に¥をつけ、3桁ごとにカンマを記入。

金額の改ざんを防ぐため、末尾に−や※などの記号を加えておきましょう。

但し書き

但し書きは金額を支払った品物について記載する箇所です。

ここは落札者の意向によって書き方が変わるので
宛名と同様に事前に確認しておきましょう。

収入印紙

inshii

金額が5万円を超える場合は金額に応じた収入印紙を貼り付ける必要があります。

金額によって収入印紙の価格が細かく変わるので
事前に調べて適したものを貼り付けましょう。

金額が5万円を超えていなければ収入印紙は必要ないので
空欄にしておいて問題ありません。

発行者の名前・住所

発行者、つまりあなたの名前と住所を記入します。

会社であれば社判を使えますが個人の場合はそのまま記入しましょう。

最後に印鑑を押せば記載完了です。

かんたん決済でも個人出品でも領収書発行の義務はある

個人出品であろうがかんたん決済を利用していようが
落札者から領収書の発行を求められたら発行義務が生じます。

前述した通り、明細で代用できるので基本的にはないと思いますが、
求められたら利用形態に関わらず発行しなければいけない
ということを覚えておいてください。

領収書の書き方自体はそれほど難しくありませんから
今回ご紹介した書き方を参考に領収書を作成してみてください。

スポンサードリンク